スワッピング相手を探す放浪の体験談

 私たちは妻45歳、私52歳の夫婦です。妻と二人いつも混浴巡りをしながらスワッピング相手を探しています。群馬県の湖〇閣に何度か訪問しお相手をしてもらいましたご夫婦のお話です。

 夜も遅くなりあまり期待もしないで混浴にむかいました。先客がおりいくつかあるお風呂の一番奥にある岩風呂に若い奥様と旦那さんがおりました。こんばんわと声をかけ、一緒に岩風呂に入り短い会話を交わし妻を旦那さんに差し向け相手をさせている間、

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 私は奥様に勃起した愚息を見せたところ、奥様はパイパンにしているあそこを見せて私を誘ってきました。私の妻とは違う若いスレンダーな裸体にひどく興奮し、胸を揉みしだき局部をクンニし彼女を何度かいかせ、

 彼女もまたひどく興奮した状態で愚息を口に含み、挿入を懇願し流石に旦那さんの目の前でする事は気が引けるので、岩風呂の裏に彼女の手を引きそこで退位を変えて、二回も他人の奥様に放出してしまいました。

 妻はというと旦那さんはあまり妻の体に興味がなかったようで、妻のお口のサービスで果てたのみだったそうです。後で妻に自分ばかりスワッピングを満喫したことを責められましたが、あれだけ淫乱な女性は初めてでした。また会えないかと混浴巡りを続けています。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ