エロ欲望から堕ちていく私の告白

 眠れなくてベッドに入ってからも体を触っていました。雑誌に載っていた出会い系サイトが気になり『登録だけでも』という軽い気持ちと、普通なオナニーで満足できなくなってしまった体が私の背中を押しました。

 簡単にプロフィールの登録をすると興味本位で掲示板を見てみました。深夜0時を過ぎた時間でしたが週末だからでしょうか、たくさんの男性が“すぐに会える人”を求めていました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 男性の年齢は、あまり近いと恥ずかしいので30代以上で、市内の人で、車で迎えに来てくれて、条件を絞って検索していましたが、それでも4人の男性が当てはまりました。写真を見て、プロフィールとコメントを読んで優しそうな30代前半の男性にメールしてしまいました。

 30分くらい待っても返信はありませんでした。待っているときも、この男性と会ってえっちしているのを想像して触っていました。次に30代後半の男性にメールしました。

 すぐに返信がきました。『今からでも大丈夫?』と聞かれ、どきどきして迷ったけど『大丈夫です』と返信してしまいました。これから知らないおじさんとえっちするそう思うとどきどきが止まらなくなりました。

 シャワーを浴びて待ち合わせのコンビニへ行きました。駐車場の端に聞いていた車種の車がありました。ゆっくり近づくと窓が開いておじさんが「詩織さん?乗って」と言いました。

 助手席に乗り簡単にあいさつして、おじさんはホテルへ向かいました。緊張してどきどきして、まともにおじさんの顔も見れませんでしたが、おじさんは緊張をほぐそうとしてくれたのかいろいろ話し掛けてきました。

「想像してた子より若い」とか「彼氏はいないの?」とか。曖昧な相槌をうつのが精一杯で、『このおじさんとこれからえっちするんだ』というどきどきでアソコがキュンとしていました。ホテルの部屋に入るとおじさんが先にシャワーを浴びに行きました。

 私もシャワーを浴びてバスタオルを巻いただけの姿でおじさんのいるベッドに行きました。言われるままおじさんの横に寝ました。バスタオルが取られ真っ裸にされました。おじさんが上から覆い被さり、首筋から丹念に舐められていきます。

 焦らすようにゆっくり体中を舐められ全身が敏感になって、ぞくぞくとしていたらアソコに手が。びっしょり濡れたアソコに指が入ると私は全身に電気が走ったように仰け反ってイキました。

 それでもおじさんは肥大化したクリの皮を剥いて、口で吸うように舐め指はアソコを掻き回しました。「もうダメ、おかしくなっちゃう」何度も言いながらイキました。おじさんが私の手にペニスを握らせました。

 大きくなったペニスをゆっくりしごきました。立ったおじさんが私の頭をペニスへ持っていくように、私の目の前におじさんのペニス。私は先の方を少しぺろっとしてゆっくり竿を舐めていきました。

 根元まで舐めたら先から咥えました。大きく固くなったペニスをゆっくり根元まで咥えるように舐めました。おじさんに言われるまま袋を口に含んでペロペロして根元から先に舐めていきました。

 おじさんはコンドームを着け、私をベッドに押し倒すように抱き締められました。男性の肌のぬくもりを感じていると耳元で「詩織ちゃんはどんなえっちがしたいの?」と聞かれ私は小声で「激しくしてください」と言ってしまいました。

 おじさんは「見た目と違って大胆だね」と言いペニスをアソコに入れました。一気に奥まで届き私は声をあげて感じました。おじさんは私の腰をつかむとペニスを奥へ奥へと突いてきました。初めての快楽に私は理性を失い、ただただ大人のえっちに没頭していました。

 私からおじさんに抱き付き体を密着させるとキスをして、おじさんに舌を入れられても必死におじさんの舌を舐めました。「もっと犯して」つい言ってしまった一言でおじさんも興奮したのか、私の両腕を頭の上で押さえつけ、

 無理やり口に舌を入れて激しくキスされ、そのまま乳首を噛むように激しく吸われました。おじさんもイキそうと言うので私はおじさんに抱き付き抱き締められながら一緒にイキました。

 ぐったりした私に軽くキスをするとおじさんはシャワーを浴びに行きました。じんじんして痺れたようなアソコを触ると、まだ敏感で電気が走ったみたいにぞくぞくしてしまいました。私もシャワーを浴びてきました。

 おじさんが連絡先の交換をしたいと言いましたが怖いので、と断るとレシートの裏にラインのIDを書いて渡してきました。お礼と言ってお金と一緒に。一度は断ったのですがもらってしまいました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ