男根の修行にデリヘルを選んだ体験談

 最近お世話になったデリ孃Nさんの話をしたいと思います。駅前で待ち合わせをして車でラブホへ。ラブホへ向かう車中でずぅ~っとチンチンを触ってました。到着、部屋選びが終わりエレベーターへ。

 エレベーター内でもずぅ~っとチンチン触りっぱなし。これもサービスの一環かなって思ってました。部屋に入ると「お風呂ためるね!」と浴室へ。浴室から戻ると衝撃的な言葉が暖

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

「お風呂は、プレイが終わってからね!」と。
「えっ!?」っと俺。(内心意味わからん!!)

 Nさんは、「私、その人の匂いが染み付いたチンチンを舐めると興奮するの!」そう言うと、ソファーに腰掛けてた俺の横に。そしてまたズボンの上からチンチンを撫で回す。

 固くなったチンチンをズボンの上から摘まんで、「大きくなってるよ!」とイタズラっぽく笑う。「そんだけ刺激されると、俺の愚息でも反応するわっ」と言い終わらないうちに激しく唇を合わせてきた。

 激しく舌を絡めていると、Nさんは立ち上がり俺の正面に立った。そして前屈みになり、両手で俺の顔を掴むと舌で顔中を舐め回した。鼻の穴、耳の穴、まぶた、そして指でまぶたを開くと眼球まで。

 さすがに「それは、ちょっと!」と軽く拒否すると、「慣れると気持ちいいんよ!」とNでした。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ