若いギャルママは嬉しいことに尻軽だった体験談

 数年前、当時携わっていた製品の検証のために半年間単身赴任していた。嫁に家と犬をまかせて、買ったばかりのGLSを持っていった。出先では地方っぽい人間関係がストレスで、現地人の喋りかたも怒っているようで癪だった。

 酒豪の同僚とは違いおれは酒をやらないため、仕事から解放される土日はサッカーを見たり、観光地を巡ったり、河川敷の公園に行って小さいドローンを飛ばしたりして気を紛らわせていた。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 夏、河川敷の駐車場にクルマを止めてドローンを飛ばしていると、サッカーボールを追いかけて走ってきた小〇校低学年くらいの男の子がふたり、拾ったボールを抱えたままおれのiPadをガン見。

「もしかして気になる?」と聞くと「なにしてるんですか?」素直で可愛いなと思ったので、「ドローンを飛ばしてるよ」ほら、とホバリングして待機するドローンを指差してiPadを渡すと、ドローンのカメラの映像に2人は「すげ~~!」と興奮。

 使い方を説明して、ちょっとやってみせ、やってみ?と貸す。キッズたちはすぐ順応。やっぱり子供は覚えるスピードが我々大人と違った。すごいな…とお茶を飲みながら感心していると、その子らのママらしき2人が女児の手を引きパタパタ走ってきた。

 まずママたちは「すみません」と頭を下げてきたので、一緒に遊んでもらっていましたとおれも頭を下げた。ドローンのことを指差して「いいんですか? 壊しちゃったら…」と聞かれたが、

「いいですよ。高いものではないし、いくつも持っていますから」と答えると、「いくつも? いいんですか~?」と不安そうなママたち。

 藤田◯コルっぽい茶髪のママ(藤田ちゃんとする)と、女児を連れたほうで安達◯実似の小柄なママ(安達さんとする)はここ地元の同級生で25歳、よく一緒に電車でこの公園に来て、子供たちを遊ばせているようだった。

 とくに藤田ちゃんは好みだった。痩せていて、155センチくらいの身長。ミルク色の肌に、おっぱいで張ったブランドロゴのTシャツ、スキニーデニム、肩くらいの茶髪にベンデイビスのバケットを被っていた。

 ナイキの高そうなスニーカーを履いていて、旦那もそんな感じなのかな…と勝手に想像した。うちの嫁とは系統が違う。藤田ちゃんと話している最中は内心、こういう元気な子とハメてみたいという下心しかなかった。

 クルマのリアゲートを開けて積んでいるドローンを見せたが、2人ともクルマの方が気になるようだった。
「これ、ベンツですか~?」
「そうですね。ベンツのSUVです」
「すご~い、なんかシートとかが全然うちのと違う笑」

 藤田ちゃんが「新車ですか?」と聞いてきた。そうです、4ヶ月前に納車されてと言うと「ベンツってすごく高くないですか??失礼かもなんですけどお仕事なにしてるんですか?」と食いついてきた。

 製造業で~と少し説明すると、おれを値踏みするようにじっと見て「いいな~…」藤田ちゃんは、外食チェーンに勤める旦那の車いじりが気に入らないと言う。エアコンもついていないスポーツカーを2台持っていて収入以上の工具や社外品を買うので、うんざりしていると愚痴。

「やめろとは言わないから乗ってないスポーツカーを片方売って負担を軽減してほしい。は~、わたしもこういうクルマに乗ってみたい」と言うので、「どうせ電車で帰るならこれに乗っていく?」

 と聞くと、2人とも最初は遠慮するも「藤田さん、エアコンついてるよ」と押すと笑ってくれた。少し考えたあと「え~そしたら甘えちゃっていいですか~」と便乗。道中、2人はGLSに感動。とくに藤田ちゃんは食いつきがよく、すごいすごいとテンションが上がっていた。

 その後も2人と何度か再会して、連絡先を交換してすっかり友達になった。藤田ちゃんとは頻繁にLINEでやりとりをした。主に旦那が買ったパーツの報告を受けて、それに対して2人でああだこうだと論じる。

 9月ごろ、またベンツ乗りたい、乗りたいと言う藤田ちゃんに「そしたら今度◯◯くん(子供)連れてご飯行こう。奢るから」と言うと「え~いきます笑」と返答がきた。その週末、いつも藤田ちゃんを下ろすコンビニまで行くと、子供はおらず藤田ちゃん1人だった。

 余計なことは聞かずに「いいの?」と聞くと「うん大丈夫」と言うので、そのままドライブして隣の市の人気のパスタへ。帰り道、藤田ちゃんが「なんかこれ不倫みたい!笑」と言うので、「不倫してみる?」と聞くと、もじもじして「え~、どうしよ…」

 ラブホに駐車すると抵抗しない。2時間休憩でチェックイン。一緒にシャワーを浴びて、テーブルに手をつかせてひたすら後ろからクンニ。びちょびちょになったピンク色のオマンコを撫でていると尻を振りながら「オチンチン挿れて…」と藤田ちゃんからおねだり。

 生理前だから生でいいよと言うので、ねっとりオマンコに生チンポを挿入。若い尻を掴んでピストンすると「ああ~~おっきい~!!イイ~!」とおっぱいを揺らして乱れる一児の母。
「旦那よりイイの?」
「イイ、すごい~~」

 盛り上がってきて正常位でハメハメ。キスも拒まず「◯◯さんの奥さんになりたかったよ…」と言う藤田ちゃん。精液がグッと登ってきたので、「もうイク」と伝えると背中に足をからめて「中に出して…」と向こうから舌フェラキス。

 たまらずチンポを根元まで沈めてビュッ!と射精。しかし、おれも我に返りビクビク射精するチンポをズルッと抜き、痙攣するオマンコに残りをぶっかけた。腰をぶるぶるさせながら「ああん……」と余韻に浸る藤田ちゃん。

 ワレメからとろ~っとおれの精液が尻に垂れる様にすさまじい征服感を感じた。興奮して再挿入。優しくピストンしてしっかり中出しした。以来、11月におれが出向から戻ってから、LINEだけでいちども会っていない。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ