色んなセックス快楽プレーに励んでいます

 今日は時間が無いからホテルへ直行。まずは先にシャワーに入って、次に彼がシャワーに入るのを待つ。ベッドの上に用意された数々の調教道具。真っ赤な縄紐、目隠し、ボールギャグ、鼻輪、マウスピース、ローター、バイブ、などなど…

 ドキドキ感が増していく。出会ってからの言葉の流暢さや落ち着き具合と、豊富な道具。この後、どんなことになるのか予測ができるからこわさを感じた。あまりいくことがない私もいったことがないわけではない。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 けれど、イクのになれていないから、連続で刺激が強すぎると我慢できず身体が拒否してしまうこともあるからだ。そんなことを思いつつも彼がシャワーからでてきた。

 手を引かれ導かれるままベッドの端に座る。片手に真っ赤な縄紐を持ち、淡々と縄で縛っていく。ちょっとキツいかなと思うけれど、次第に心地よい気持ちよさに変わっていく。乳首には鈴がついたクリップをつけられた。

 胸が強調された形で緊縛され、そのままベッドに押し倒されるのではなく、まず、鏡の前へ連れられた。「鈴を鳴らしてごらん」「いやらしい身体で素敵だよ」羞恥心と共に、言葉が私をさらにいやらしい興奮へと導く。

 ベッドに戻り、両手は後ろで縛られ、ボールギャグをされた。目隠しもされて、縛られた状態で、いきすぎたり刺激が強すぎたら逃げれないからどうしようという不安感とイケそうな予感で興奮した。

「まずは身体検査から…」「乳首は…そんなに弱くないねぇ、胸は揉みしだくほうがいいのかな」なんて、確かめながら弄ばれる。ボールギャグのせいで言葉は発せず、息が漏れる。次第に下の方へ手が伸びていく。

「あら、もうこんなになって…どうしたの?」「なんでかな?」答えられない私に向けて数多くの言葉を向けられた。会話はできない。ただ、それは私にとって興奮させてくれる言葉責めとなった。

「それじゃあ、これを使ってみよう」私にはそれはなにかわからない。けれども音でなんとなくわかる。バイブレーションか響く。なにをされるのか…なんとなくわかる。

 イキたいという気持ちが、いくかも知れないけどそれが途中で止めてくれないとこわいなという不安感でいっぱいだった。ボールギャグでまともに喋れず、止めれない。脳裏にそんなことばかり考えていた。

 感じすぎないように、考えていた。クリトリスに当たると、すぐに「充血して勃起しちゃって…」身体は正直らしい。気持ちよさに耐えていると、ボールギャグを外された。少し安心した。

 自分の意思を伝えられず身動きも取れない状態というのはやはり恐怖感を覚える。今回は途中でやめちゃったけど、今度はずっとつけようかな。そして、クリトリスだけではなくおまんこの中にもなにかが入れられた。

 なにがなんだかわからないけど、振動している。ボールギャグが外されたことによって、喘ぎ声が響く。次第に、乱れていく声…そして、「あっ、ここかな。ここが弱点かな」声でバレてしまう。この時、おまんこの中に入れたものをクイッと動かして…それと同時に私は声が高くなっていた。

「Gスポットが好きなんだね」そういいながら、何回もクイッと動かして、同時にクリトリスも攻められて…私は『気持ちいい、』自然と言葉にしていた。「いいよ、声に出すことでさらに気持ちよく、なるよ」

 そんな言葉をかけられながら、とろとろにとけていく。何回もイキそうになる。もう、気持ちよくて堪んない。「いいよ、我慢しないで…」彼の言葉は、止めどなく続いていた。誘導するかのごとく言葉に、私はどんどんハマっていく。

『あ、あーっ、そこ気持ちいい、。い、き』
「いくときは、いきますっていうんだよ?」
『あっあっあっ、、。いきます、ッ』

 身体は揺れる、ビクッと揺れながら息は荒れて、いってしまった。すかさず、力強い腕の中で抱きしめてくれて「よしよし、よくできたね~」なんて言ってくれたか忘れちゃったんだけど、ものすごく優しい言葉と力強い抱擁はとても安心できた。

 そして、たくさんベロチューしてくれた。ちょっと表現がキスじゃなくて、ベロチューなのは、この人とのキスは毎回、生々しいくらいエロいベロチューだからだ。そして、私もそれが好きだ。

「そしたら、次は私が楽しもうかな」そういって、私の目隠しは外された。「今度は感じている表情をたくさんみさせてもらうよ」まだまだ、私にはいってもらうらしい。私は嬉しかった。力強い抱擁で、もう終わりっていうことも今までは多々ある中で、まだしてもらいたいって思っていたから。

 さすがに、1度イッたので、クリトリスを剥き出しにしてバイブをあてられると、刺激が強すぎて、途中でストップした。だけど、それでも当て方を変えて、さらに気持ちよく続けられた。

『気持ちいい、そこ、そこがいい』あぁ、自然と言葉がでちゃうな。なんだか、色々なものを使われていて何が入ってるのかわからないけれど、さっきとはまた違う気持ちよさが刺激する。

 色々なことを試してくれて、とても気持ちよかった。また、段々と気持ちよさが高くなり…2度目の果てがきた。いったあとに、必ず強く抱きしめてくれて…とてもよかった。

「そろそろ別の物もほしくなってきたんじゃない?」彼は指を自然と私の口の中にいれ、私はそれをいやらしく舐めた。「ほら、こんな感じにできるものを…ね?」私は首を縦に振った。入れてほしいです。

 縄紐は未だ緊縛され、手は後ろで縛られていたので、支えられながら、床に降りた。膝をつき、彼のおちんぽを舐めた。手を使えなかったので、ゆっくり舌を使って舐めたり、吸引力を調整したり、頑張って奥まで咥えたり。

 サイズ的にかなり長めだったので、大丈夫かなぁ~って思いもしたけど、涙目になりながらも頑張って奥まで、舐めて、「お、5mm、深い」回数ごとに深いところまで咥えた。もっと、もっと…奥まで咥えて舐めて、気持ちよくさせたかった。

 私のことをここまで気持ちよくさせてくれた人だから、同じように気持ちよくさせたかった。「無理はしないでいいんだよ」優しい言葉を投げかけてくれるけれど、もっとしたかった。

 それから、再びベッドに戻り、正常位で、ゆっくり私の中に入ってきた。アァ、あっあっあっ、、思わず声がでちゃう。やっぱり長いから刺激が強めで、もし、いきなり入っていたら痛かったと思う。

 まぁ、それでも刺激が強くて、甲高い声を上げてしまうことは確かだけど。ものすごく突くスピードが速くなったり、ゆっくりゆっくり動いたり…気持ちよかった。バックになって突いたら…もう、ダメだ…ってなってまた正常位に。

 どうしても、バックは深いから刺激が強すぎた。そして、激しくなり…「中に、だしていい(もちろんつけてますよ)」『うん、いいよ、中に出してっ』というシチュエーションを楽しみながらも声を上げながら果てた。

 また、お互いに抱擁をして、「まだいかせるからね」なんて言われて、ちょっと縄の縛り方を変えてみることに。あぐら縛りというものをされることに。まぁ、文字通りあぐらの体勢で、おまんこ丸見えで足を縛って、それを胸の縛り部分と結びつけて固定するもの。

 さらに、バイブをつっこまれたままで、そのバイブも紐で緊縛していくという…羞恥と気持ちよさがすごい緊縛。そんな格好のまま私はイカされた。今回は3回イカされちゃったな。

 だけど、最初、不安だった嫌な刺激じゃなくて気持ちいいイキ方だったから、次回はもっと開放的に気持ちよくなれるはず。3度目の果ての後、すぐに挿入が始まり、また、大きな声とともに、とろとろにとけていく。

 いったときの私の目は虚ろでメスの目をしているそうだ。たまに、メス汁垂らしてます。みたいな言葉を言いなさいと言われたり羞恥プレイも、私にとって恥ずかしくてたまらないけど興奮材料として素晴らしかった。

 今回は不安や恐怖感から次第に快楽に繋がり、そして安心感、信頼へと変わっていきながら次第に深みにはまっていった。以前、とある人が恐怖感は快楽と隣り合わせですよみたいなことを言っていてまさにこの事だなぁって思う。

 さらに上級者になるとSMプレイになるんだろうけど、私はまだまだsexを楽しむ痴女に過ぎないと思う。けれど、まだまだ見たことない感じたことがない世界があるんだなぁって思うとワクワクしちゃいます。

 今回出会った方とは、今後も会う予定なので、いずれは複数プレイなどもしてみたいかな。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ