プールのジャグジー場でいきずりエロの思い出

 僕は30歳にして無職。派遣の契約満了でいまは実家でぶらぶらしてます。まぁ少しは貯金あるし失業保険ももらってる。将来考えたら1秒でも早く仕事に就かないとだけどさ、求職活動と向き合えていない。

 実家は横浜市内です。で、子供の頃から使ってる自分の部屋でネット見たり、ゲームしたりの毎日。ネットみてりゃ、そりゃAV観て興奮するけど、援とか風俗に金使えるほどブルジョアじゃない。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 毎日オナニーしてる。好きなAV女優は谷原希美さんだったり、小早川玲子さんが好き。まぁ人妻、熟女好きです。もう本当にエッチしたくて、こうやってアダコミみたり、生見せ女とか生見せカップルの投稿記事にレス入れてるけど一度も出会えた事がない。

 チンコと頭の中がパンパンになってる。それで、ネットのまとめサイトの記事で読んだのが、性欲ヤバイ時は筋トレするといいって事。性欲溢れた男は男性ホルモンがみなぎってるから筋トレすると筋肉がつきやすいらしい。

 へぇーって思ってから、最初は自部屋で筋トレしてて、その後ネットで市営のジム&プールを見つけてほぼ毎日通うようになった。誰だよ性欲を筋肉に変えれるって言った奴(笑 いやたしかに筋肉ついたけど、性欲がよりましてしまう。

 そんな俺が体験した事を書きます。市営ジムにはプールが併設されている。室内で温水プール。で、16時くらい超えると中〇生?高校生くらいの女子が水泳部の練習をしている。

 最初はまぁその健康的な姿を見るために筋トレ後にプールを利用していたのだか、さすがに毎日いて、女子生徒に怪しまれてるというか睨まれてしまい、それはやめた。でね、時間帯変えて12時くらいにプールに行ったら誰もいないわけ。

 あー貸切かって思っていたら人が入ってきた。その姿みて驚く俺。本当の話だよ?その女性、30代くらいなんだけどさ、白いV字の水着を着ている。AVとかで出てくる羞恥用の水着じゃんって思っていたら、その水着で普通に平泳ぎしている。

 30代くらいで顔は薄顔、スタイルはオッパイまぁまぁ大きい、水泳してたのか身体が綺麗なスタイル。めちゃくちゃエロい。ずっとみてた。でね、その女性がジャグジープールに向かったから僕も後を追った。

 ジャグジーは丸っこくてドーナッツみたいな形。真ん中には丸い柱がたってる。温水なんだけど、競泳用プールよりも少し温度がたかい。それで彼女が入ってる姿をそばのベンチに座ってみていたのだけど、

 彼女がジャグジーの中央、丸い柱の付け根?みたいな段差に腰掛けて、温水の温度から身体を解放してるのを観て、僕はジャグジーへGOした。思い切ってジャグジーにはいる。

 いやだって誰もいないプール、さっきおじいちゃんみたいな男性が競泳用プールにきたから、その女性は水着姿恥ずかしくてジャグジーに移ったのだと思ってた。だから僕がジャグジーに入ったら逃げちゃうじゃないかと思ったわけです。

 ゆっくりジャグジーに足入れる。中央の柱付け根に腰下ろした女は動かない。白いV字水着。乳が少し垂れててエロい。僕は思い切って近づきほぼ隣でジャグジーにつかってみた。女性は逃げない。

 俺はジャグジーの中。女性はジャグジーから身体出して柱の付け根に腰下ろして足を組んでいる。細身の身体だけどオッパイそこそこあって垂れ気味。めちゃくちゃエロい。木村多江さんみたいな顔。髪はくくってた。

 チラチラみる僕。で、よく見たら彼女の乳首たってた。それが運動のせいかわからないけど、たまらずチンコが止まらなくなる。ジャグジーのお湯の中で僕はオナニーをした。最初は水着の上から触りながら、女をみつつ、女凝視しながら水着の中に手を入れてオナニーした。

 はぁはぁって少し声だしてシコる。で女はこっちに目を向けて少し笑ってくれた。「すごいセクシーですね。」って言ったら、「元気ね」って上品に言われた。その後女性もジャグジーに入ってきて、俺の太もも触ってきた。

 木村多江みたいな顔を凝視しながら必死にシコってたら、女が僕の股間を触ってくれた。でお互い首までジャグジーに身体を入れたまま、女にシコってもらった。

「気持ちいいの?」って言われながら、「はい。」って言うと、イク時にはイクって言って、って言われて、うんって答えた。でさ、「イク」って言ったら「ダメ」って言われた。

 シコる手を止めて、普通に話しかけてきた。いくつ?とか、いつもくるの?とかそんな話。で時間たってからまた僕のチンポ触りだす。「オッパイさわりたい」って言ったら「ダメ」って言われた(笑

 そのままシコられてジャグジーの中でイッた。そのまま女性はジャグジーからでて女子更衣室に行ってしまった。それ以来まだ会ってないけどまた会いたいって思う毎日。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ