出会い系で制服すきなおじさんと会った体験談

 バイトも夜のお仕事も自粛中で困っています。いろんなサイトとかアプリを見て回っても結局、ワリで会うのは出会い系のサイトで探すしかないのかな。昨日も、夕方にいくつかの出会い系サイトに募集の書き込みをしたけど

 条件に合う人がなかなかいなくて。でも、今週中にある程度のお金が必要でちょっと焦っていました。42歳の独身というおじさんからのメールが気になっていたけど保留にしていました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 他にいい条件の人がいたら、きっとこのおじさんとは会っていなかったと思います。夜の10時を過ぎても、冷やかしばかりで会える人が見つかりませんでした。ダメ元でおじさんに返事をしたら、即答で「会いたい」と。

 ありがたいのですが、条件が。『中出しで4○。制服着てきて』って。中出しかあ。おじさんって、中出し好きだよね、それに制服って。高校の時の制服はクローゼットの中にあるけど。

 さすがに制服姿で出歩くと通報されそうで。身長150で童顔だと言われるし、ラウンジの帰りに繁華街を歩いていると、お巡りさんに声かけられたり。おじさんが近所まで車で迎えに来てくれると言うので、制服を着ました。

 前側がボタンのセーラー服です。スカートも少し短くしていたので、今はくとかなりミニかも。セーラーも胸のところが少しキツくなってるし。鏡で見たら、なんかムチムチですごくいやらしい感じです。

 さすがにマズいかな、って思ったので、スプリングコートを着ました。冬服のセーラーだったので暑いかな、って思ったので、中のキャミは脱ぎました。失敗でした。おじさんは、車の中ですでに興奮していましたが、

 ホテルに入ってコートを脱いだら、もっと興奮してしまいました。キャミを脱いできたので、セーラーからおへそが見える状態になってて、スカートも短いので、ギリギリ下着が見えないくらいでした。

「おっぱいがキツそうだね」とニヤニヤしながら私を見るおじさんの目はスケベでいやらしく感じました。「シャワーを浴びに」と言おうとしたら、おじさんが先に行くと言って、「そのままで待ってて」と言われました。

 おじさんが出てきて、私もシャワーを浴びようとしたら、おじさんが私をそのままソファーに座らせて、「匂いだけ嗅がせて」と言いました。『うわっ』って思ったけど、言われるとおりに座っていました。

 髪の毛から耳の裏側とか、首筋、脇、とクンクンされました。「くすぐったいです」と言っても、クンクンされて、おっぱいも揉まれていました。お腹まできたら、スカートの中に頭を入れて、アソコをクンクンしていました。

 パンツの上からでも、おじさんの息が当たるのがわかるくらい、荒い息づかいで足を触りながら、アソコの匂いを嗅いでいました。「やだ、恥ずかしいです。シャワー浴びてないし」と、おじさんを離そうとしたけど、

 興奮したおじさんは、パンツの隙間から指を入れて、アソコを触っていました。「いつから濡れてるの?すごい濡れてるよ」と言いながら、パンツを下ろそうとしていました。会ったばかりのおじさんにアソコの匂いを嗅がれて、

 指まで入れられて、私も興奮してたのか、腰を浮かせて、おじさんがパンツを脱がすのを助けていました。脱がされたパンツを見せられ、「ほら、こんなに濡らして、シミになるよ」と言われました。

 恥ずかしくて、パンツをポケットに入れました。おじさんは私の足を大きく開かせるとスカートをまくって、私に見せ付けるように、舌を出して、クリを舐めはじめました。おじさんはいつの間にかタオルを取っていて真っ裸でした。

 真っ裸のおじさんに座ったまま、アソコを舐められ、クリを吸われて、指も入っていました。たぶん20分以上舐められてたかも?こんなに長くアソコを舐められたことがなかったので、私は気持ちよくて、

 無意識におじさんの頭を押さえつけるように、アソコにグリグリしてしまっていました。おじさんが興奮しながら「若い子のまんこはエロい味がする」と言っていましたが私も興奮していて「おっぱいも舐めてください」とセーラーをまくり、ブラのホックを外しました。

 おじさんが「この大きなおっぱいも気になってた」と言って、おっぱいの真ん中に顔を沈めるように挟んで、乳首を弄りました。「もう立っているね、自分で弄ってたの?」と言われてしまいました。

 実は、おじさんがアソコを舐めてるとき、少しだけ、ブラの下から指を入れて乳首を弄っていました。ムズムズしてきて、がまんできなくて。おじさんは見てたのかな。正直に「ちょっとだけ」と言うと

「乳首が感じやすいのかな」と言って、大きく口を開けて、おっぱいを口に入れると、舌で乳首をレロレロとしました。時々噛んだり、吸ったりされて、私はすっかり興奮していました。おじさんの大きくなったおちんちんを触っていました。

『私の体を舐めて、興奮しているんだ』と思うと私も興奮してきてしまって。「おじさんのも大きくなってるよ」と言っていました。おじさんが立って、私におちんちんを見せ付けるように「どうしたい?」って聞いてくるので、「舐めたいです」と言ってしまいました。

 いっぱいアソコを舐めてもらったし、今度は私が。って。大きなおちんちんをゆっくりチュッってしながら外側から舐めていきました。裏側を舐めていたら、先から汁が出てきて、舌でツンツンしたら、おじさんが「エロいしゃぶり方するね」って。

「気持ちいいですか?私、フェラ好きですよ」って言ったら「今まででいちばん気持ちいい」と言ってくれました。嬉しくなって「いっぱいしゃぶってあげます」と言っていました。

 先からゆっくり咥えて、舌を使って舐めていきました。喉の奥に当たるまでおちんちんを入れると、みんな気持ちいい、って言われます。私も夢中でしゃぶっていたら、おじさんが「もう入れたい」と言うので

 ベッドに行こうとしたら、「このままここで」って。私がソファーに浅く座って、おじさんのおちんちんが入ってきました。「入ってるところが見えるでしょ」と言われて、思わず見てしまいました。

「やだ、恥ずかしい」って言ったら、この卑猥なのがたまらない。って。クチャクチャ音を出して出入りするおちんちんに、私も興奮していました。「バックでしたい」っておじさんが言って、私を壁に立たせました。

 壁に手をつき、後ろからおじさんがゆっくり入れてきました。スカートをまくられ、セーラーのボタンを外されて、後ろからおっぱいを揉まれていました。「あまり大きな声を出すと、隣に聞こえるかもね」って耳元で言われると

 いきなり、パンパンって音がするくらい強く突かれて、声が出てしまいました。恥ずかしいよ、知らない誰かにエッチな声を聞かれてるかも。半裸の制服姿で犯されるみたいに後ろから激しく突かれて、イってしまいました。

 おじさんもイきそうと言って、ベッドに入りました。制服が汚れるから、と真っ裸にされて、おじさんと抱き合いました。
なんか、急に裸になって、おじさんの体と触れたとき、ゾクゾクとしてきて、

 私からおじさんの背中に手を回して、おじさんと体を密着されていました。おじさんも私を抱き締めるように首筋や耳を舐めながら、「気持ちいいよ」って言われました。

 おじさんが「イく!」って言って、おちんちんを奥まで入れるとドクドクとおちんちんが脈打って、精子が出ているのを感じました。「気持ちよかったよ」って頭をポンポンってされて、「私も」と言っていました。

 ちょっとベッドでいちゃいちゃして、一緒にシャワーを浴びに行ったのですが、バスルームでもいっぱい体中を触られて、アソコも指を入れて中の精子を掻き出すように洗ってくれたのだけど。

 バスルームから出ても、なんか体が火照ってて、おじさんもおちんちんが大きくなってて、おじさんは、私の制服姿を見ながらオナニーしたい、って言い出して。私もムラムラしちゃって、って、ベッドに座ったままタオルを取ってアソコを開いて見せていました。結局、もう一回中出しエッチしてしまいました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ