約束の時間は大切ですよね~

 私に限らず、みなさん時間は大切だと思うのですが、このあいだ待ち合わせした娘(29)は30分以上遅刻してきやがりました。忙しい中、数時間だけ時間を作ったにもかかわらず、です。頭にきたので、ノーマルに可愛がるのは止めにしました。

 ホテルに入るとすぐ、下着だけにし床にひざまずかせ、「どうすんの? やるのやんないの?」と聞くと、「はい…」と消え入りそうな声。。。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

「やるとしても、普通にはしないよ。お仕置きだけどいい?」
「はい…」
「じゃ、ズボン下ろして頬ずりしてお願いして。」
「はい…」

 ズボンを下ろすと、ボクサーパンツ越しに頬ずりして言いました。「お願いします。お仕置きしてください…」ベッドに仰向けにすると、タオルを使って目隠しをし、もう1本で頭の上で両手首を縛ります。

 いきなりパンティを脱がすと、「バイブ持って来た?」「はい、カバンの中に…」ここまでですでに期待と興奮で上ずっています。「足広げて。今日は閉じたら許さんよ。…なんだ、もう濡れてんじゃん。」

 覗き込むと、もう愛液が垂れています。触ってもないのに。愛撫はもちろん、まったく触ることなく、むしろ指が触れないように、バイブだけうまく穴に入れました。そして強さは最弱。。。そして30分ほどかけて、全身をじっくり愛撫します。

 ビクビクしながら、からだをよじらせ、「入れて…。ちんちん入れてください。」目隠ししてても恥ずかしいんですね。小さな声で懇願します。よし、よく言った、と言いたいところですが、「はぁ? 今日はお仕置きだよ。こんなんじゃ許さんよ」

 そう告げると、手首の拘束を一度解き「座れ」とベッドの上に座らせました。再度、今度は後手に手首を縛り、咥えさせます。「イキたかったら、まず俺をイカせてからだよ。あたりまえでしょ。」

 一生懸命しゃぶりますが、口だけでやったことがないらしく、なかなかイカせられません。「しょうがないなー」と頭を掴むと、喉に向けて腰を押し込みました。えずかせながら10分か15分くらいピストンを繰り返すと、相当苦しかったのか、ぐったりとしてしまいました。

「横になっていいよ」と優しいところもみせ、横向きのシックスナイン。一切口から離すことを許さず、「イクまで咥えてな。」と告げると、バイブを最強に。何度も何度もイキながらも、健気に口を離しません。

 ようやくこちらも射精するようになり、「全部飲むんだよ」と指示しますが、聞いてるんだか聞いてないんだか。射精してから腰を引くと、口の端から精液を垂れ流しながら、イキまくっていました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ