人妻の私にピッタリのアルバイトを見つけた告白

 人妻、子供なしの36歳です。結婚してから仲良くなった近所の奥様がいます。ある日その人から、自分の代わりに1ヶ月間働いてほしいと頼まれました。雇用確保もしたいけど、なにやら家庭の事情だそうです。

 仕事内容は移動パン屋さんの営業でした。お店にも言ってあって了解を得ているとのことなので安心して引き受けることに。朝9時~10時、11時~12時、2時~3時、4時~5時それぞれ決まったルートを走るだけ。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 あいだで自由時間もあるし、家のこともやりやすい、成績は問われない。好条件でした。友達から内緒で頼まれたことがあって、ルートにはない数件を定期的にまわってほしいとのこと。

「裏技使ってるから変なこと頼まれるかもだけど断ればいいから」とだけ聞いていました。もともとHな私はルートを覚えてからは、カーナビを付けずに私物のアダルトDVDを見ながら運転していました。

 渋滞や信号待ち、休憩のあいだにアソコを触って気持ちいい感じになりながら。そういえば定期的にまわるように頼まれた家のことを思い出しました。3時からの休憩の間、そのうちの一軒に行ってみることに。

 直接、庭に乗り入れチャイムを押すと30後半?40代の男性がパンツ一枚でしかもアソコを膨らませて出てきました。私もビックリしたけど男性もビックリして「いつもの人じゃないんだ」と聞かれました。

「はい。臨時で交代しています」「オレのこと何か聞いてる?」「はい。少しだけ。大丈夫です」今思えばこの曖昧な回答がいけなかったんだと思います。すると男性はいったん中に戻って服を着てきました。

 車内のパンをあからさまに適当、無作為に選ぶ男性を見ていると、ズボンのチャックが開いていることに気付きました。しかもさっきまで履いていたパンツはなく、ノーパンでおちんちんが見えてしまってて、時々触ってだんだん大きくなっていく。

 ヘタクソな偶然を装ってお尻や胸を触ってくるし、どうするつもり?と黙って見ているとおちんちんを出して「今日は10個も選んだから口でお願いね」と言ってきました。意味が分かりました。

 枕営業だった。断ってもいいと聞いてはいたけど10個は魅力だし、私もこうゆうの大好き。だから庭で、車と家の間でフェラチオしちゃいました。もしかして他の数件も?私は毎日、順にまわることにしました。

 ルールを聞くと5個なら手で、10個なら口で、15個なら素股と口内射精、20個ならHとのことでした。LINEも交換して彼らの都合のいい時間に行くようにもなりました。

 おかげさまで毎日が楽しい。下着も付けなくなり連絡が待てないくらいにもなっていました。友達には内緒でレートを下げて5個だけでも口でして、10個で素股に口内射精、15個でHとしました。

 それもだんだんと崩れ10個の素股からの生Hが普通になるし、休みの日でも連絡が来てパンなし訪問のHとかも。今日も朝から3件の連絡が入ってて、売り上げは余裕だから今はネカフェでサボってます。痴漢動画を見ています。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ