スーパーのアルバイト時のおばさんとの思い出

 先日、ス-パ-に買い物に夫婦で行った。在宅勤務になり最近は家にいる時間が多い。ス-パ-はコロナの影響で3密を避けて行動したが混雑していた。ス-パ-で働く方には頭が下がる。

 ふと、商品の出し入れをしているパ-ト風の女性に目がとまる。「奈緒さん?」一瞬、思ったがそんなはずがない。しかし後姿も髪型もよく似ていた。色白でポッチャリ型までそっくりだった。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 でも奈緒さんのわけがない。奈緒さんは今はとうに60近くなっているはずだ。勿論、人違いだった。私は田舎から上京して2年位たった20歳の頃、ス-パ-で早番のアルバイトをしていた。

 もっと規模の小さいスーパ-だった。今はもう存在しない。もう20年ほど前になる。なかなか都会に慣れず、友達もそんなにできなかった頃の話。しかしス-パ-のバイトは和気あいあいとしていて楽しかった。

 そこにいたのが奈緒さんだった。奈緒さんも私と同じようなタイミングでパ-トを始めたと思う。確か私と20歳近く年が離れていたと思った。最初はおばさんだなあという印象しかなかった。

 自分の母親より10近く若かった程度だったはずだ。チ-フに二人で習ったり、指摘されたり、ダメだしされたり。奈緒さんには優しい言葉をかけてくれてた。二人はだいぶ親しくなり、奈緒さんに私は好意を寄せ始める。

 奈緒さんは声が年の割にはかわいく、また目が綺麗な人だった。バストもそこそこ大きい感じがした。そんな奈緒さんに、休憩中に田舎のこととか、高校時代のクラブの話とか、彼女はいたのか? などいろいろ聞き上手なので話をした。

 逆に私は奈緒さんのことはあまり聞かなかったが、お子さんは二人いらしたと思う。だから早番で来て夕方前には家に居る感じだった。私は田舎から来たばかりで東京のことが分からずよく教えてくれた。

 面倒見はよく、東京のお母さんみたいな感じだった。そんな中、私が誕生日を迎えるので奈緒さんがお昼をご馳走してくれることになった。二人が休みの日に奈緒さんは、自分の軽自動車を運転して私を助手席に乗せて、確か神戸屋だったと思う。

 パンが食べ放題で馬鹿みたいに頼んで笑われたことを今でも覚えている。私の田舎ではパンの食べ放題なんかなかった。そんなことでかなり二人は仲良くなっていった。向こうは子供扱いしていたが、いつの間にか私には年の離れた女性としてみるようになった。

 夜も奈緒さんで自家発電していた。私は奥手で田舎で彼女らしき子はいたが、童貞のまま上京したのは事実だ。だから今考えると、子供に毛が生えたようなもんだった。奈緒さんと親しくなって、だいぶたって、二人でドライブに行く話になった。

 奈緒さんのカラ-タイマ-は子供が帰宅する4時位だったので、その範囲までに戻れるコ-スとして海まで連れていってくれた。帰りのバイパスの近くのホテルが目に入り、「奈緒さん、ホテル行こうよ」「え-?何言ってるの?」明るく笑われた。

 私が童貞なのも、お見通しのような笑いだった。そのままスル-されて家まで送ってもらった。翌日、ちょと顔を合わせにくかった記憶がある。でもその頃の私は、純粋でまっすぐなのでまた奈緒さんにドライブデ-トを申し込んだ。

 確かお昼を食べて、また助手席に乗った時に「奈緒さんホテル行こう」ちょっと真剣に申し込んだ。また奈緒さんは笑っていた。車はそのまま家の方へ送ってくれていた。私は期待は全くしていなかたがある交差点を曲がり、ちょっとぼんやりしていたらいきなり、建物の中に車を入れた。

 ベラベラのようなものが軽自動車の窓に当たる。あれ?ホテルだ。期待していなかったので不意をつかれた。駐車場に入り、そこからが忘れなかった。「たかし君。本当にホテル行くの?たかし君。初めてでしょ?」返事に困った。

「私みたいなおばさんでいいの?」
「俺、奈緒さん好きなんだ」
「私も隆君好きよ」

 そんな契約前の確認作業みたいな会話が続いた。誰にも内緒という指切りをして、初めてのラブホ体験をした。車の脇に階段がありそのまま、部屋に入れる構造だった。よく覚えている。

 奈緒さんは、急にシャキシャキとなって「たかし君。私3時半までにはここを出るからね」と言いながら先導してくれた。
初のラブホはキョロキョロすることばかりだった。お風呂のお湯を手際よく奈緒さんはいれたと思う。

 ベッドでゆっくり服を脱いだ。奈緒さんのブラジャ-とパンティは黒だった。今思うと、最初から奈緒さんはホテルに行くことを予想していたのかもしれない。奈緒さんのブラジャ-がなかなか外せなくて笑われた。

 奈緒さんの胸は予想以上に大きかった。乳首もピンク色で美しかった。私もパンツひとつになったら、奈緒さんの暖かい手が私のモノをゆっくり掴んできた。奈緒さんのパンティも脱がせたが、奈緒さんが自ら脱がせやすく腰をまげてくれた。

 今ならパンティのクロッチを指で押したり遊ぶ余裕があるが、当時は身体検査みたいなもんだった。奈緒さんは下の毛もそう濃くはなかった。私もトランクスからは突出したモノが恥ずかしかったが奈緒さんに脱がされた。

 丹念に奈緒さんに指で撫でられた。透明な我慢汁を指摘され恥ずかしかったこと覚えている。二人でベットに全裸で腰かけた。「なんか私、いいのかな?こんな年下の男性、最初で最後だなあ」なんて言ってた記憶がある。

 ベットで初キス。キスは高校時代経験済だが、今日の奈緒さんは舌を絡ませた濃厚なキス。どうしていいかわからなかったが、奈緒さんの言うままに従った。唾がたくさん口中についた思い出がある。

 そのあと、お風呂でお互いに体を洗い浴槽のへりに座らされ口に鬼頭の裏側から付け根まで舌で舐められた。もうかなり爆発寸前で、全体を奈緒さんの口に含んだら間もなく大爆発した。自分でやっている時より何十倍もの快楽があった。

 声を出してしまったと思う。後にも奈緒さんが「あの量は半端じゃないね」と言っていたので相当の量を口の中に暴発させてしまった。「若い人は濃いのかな?うちの亭主よりはるかに濃い」みたいなことを言っていたと思う。

 あとは、ベットで奈緒さんへの愛撫教室みたいなものや初めての69も驚きばかりだった。ゴムもつけて初合体もなんとか済ませられた。奈緒さんがどう感じたか?まではさすがに余裕はなかった。

 そんな夢のような童貞進呈式は終わり、ラブホテルのカプセルでお金を送るシステムに驚き、初ラブホが終わった。「くれぐれも内緒よ。しゃべったら100万よ」など奈緒さんは笑いながら言った。その後は月に2回位ラブホで楽しんだ。

 奈緒さんを逝かせることはなかなか難しかったが、3年つきあっていたが後半は私がかなり上達して、奈緒さんは果ててシ-ツのシミもつけるようになった。大学卒業前に私にも待望の年下の彼女ができス-パ-のバイトも辞めてしまい、奈緒さんとはそれっきりになってしまった。

 私が辞めて奈緒さんも辞めて別の仕事をしたような話を聞いた。奈緒さんお元気にしているのかな?あのかわいらしい愛嬌のある声、色白の肌。美しい胸。懐かしいな。ちょっと昔の話だが思い出してしまった。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ