子供ができなく友人に美人妻を貸した体験談

 美人の妻は35歳に成りました。何不自由なく夜の生活にも満足していますが。残念なことに子供が出来ないのです。病院で検査したところ、僕の精子の数が少ないのでかなり禁欲しないと子供は出来にくいと言われ、遣り盛り体を持て余し結局我慢ができなくて、オナニーで処理してしまうのです。

 これ以上年を重ねると高齢出産になるので、意を決して親友に種付けをお願いすることにしたのです。絶対に挿入しないで彼の精液だけ子宮に入れることを約束して妻を一日彼に預けました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 念願が叶って妻は妊娠しました。彼にお礼を込めて連絡したら大層喜んでくれました。彼は僕の子供を孕んだのだから嫁さんになった、これからは時々抱きに行くと言うのです。妻に話をするともう他人ではないからいいよ、といとも簡単な答えが返って来ました。

 よくよく聞き質すと最初の出会いの時男と女になり、めくるめく喜びを与えてくれ、彼が忘れられなくなりその後も内緒で何度も関係をしていたというのです。

 善がり声や、腰の使い方が上手くなってくるので薄々は感じていたのですが、今では夫婦気取りです。でも子供が欲しかった僕にとっては良かったと思っています。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ