偶然見かけた民家の窓からのサービスショーの体験談

 数年前ですが、仕事の帰りにいつもの夜道を歩いていました。その日、たまたまいつも通らない民家の間の人1人がやっとなくらいの狭い路地を通って見たんですが、その路地の途中でふと見上げると、民家の2階の窓に灯りがついてて人影が見えました。

 よく見ると窓に向かってなにかポーズをとったりしてる若そうな女の子で、ガラスの縁に鏡を置いてるようでした。女の子は鏡に向かってポーズ決めたりおっぱい持ち上げてボディチェックしたりしてるようですが、

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 こっちから見たら窓の外のこちらに向かってセックスアピールしてる以外の何者でもありません。人通りもほぼない夜の路地で、回りを気にしながらもそのセックスアピールを観察しながらオナニーして発射までしてしまいました。

 時間にして10分ちょいくらいだったと思うけど、そのまま窓から人影が消えてしばらく現れなかったので帰りました。その後、明るい時間にその家の前を通ったら、女子高生くらいの私服の女の子がいて、髪型とかまぴったり一致しました。

 それから夜道に定期的にチェックするのですが、たまに窓に人影があってもすぐ消えたりするだけで、二度とそんな美味しいことはありませんでした。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ