警備員の中年男がSEXで逝かせてくれる体験談

 スパーマーケットで万引きして、警備員につかまれて、その人のアパートで性交したのが運のつき、本当に41歳の警備員の彼がいなくてはとても生きていけない関係です。

 夫は相変わらずに、40歳ぐらいの奥さまと不倫関係にあり、私を月に1、2度しか求めません。私も龍冶のチンポを知ってからは、主人との性行為には嫌気がさして、すぐにイッたふりをします。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 10年前には新宿のソープランドで、週4日は働いて本番をしていましたから、フェイクでイった振りは訳ないのです。本当のイク瞬間には内臓の臓器から、腐臭の様な息を吐き出します。直ぐにわかりますので、一度恋人や奥さまと交わって試してください。

 それが出ないのは貴方が下手か、彼女のマンコが出来が悪いのですよ。日本人の8割の方は逝った振りをしますので、とことんオマンコにのめり込んでください。物凄く動物的な匂いを吐いた時に本当に、快感でイった時です。

 ところで彼とすると毎回のように、エクスタシーにさせられて、帰宅するときにはぐったりとしています。飲尿にも慣れて、最近はエスカレートをして、外での性交に目覚めました。

 最初は横浜の大展望車の中で、二人きりでスカートを脱いで、彼はズボンの下だけ脱いで、勃起したペニスを挿入します。まず横浜に行く前に車の中で、チンポを出させて、フェラから始めます。私のマンコも、敏感な真珠の薄皮を剥いて、ずっと愛撫してもらいます。

 たらたらと淫液が漏れてシートをぐっしょりと濡らします。一度生理帯を当てて、そのまま大観覧車に乗りこみ、まだ見えるときにはしゃがんでチンポをしゃぶり、45度くらいの時にインサートします。

 向こうから見えそうですが、そんなことを気にしているようでは出来ません。むしろ見てもらいたい位の気持ちです。彼のファスナーから暗紫色のテラつく剛直が勢いよく飛び出します。余程欲情したのか、私の唇がそこに寄せられると、それだけで濃厚なホルモン臭がむせんばかりに漂います。

 口づけしながら、細い指で茎を扱いてやります。最上階に昇ったころに、倒れる様に下半身を私に預けて、蜜まみれの花びらの中に差し込みます。亀頭が熱い蜜壺の中に消えていきます。

「あぐぐぐっ、ううううっ、あ、あああ~~~」容赦なく極太のマラが私の可愛いマンコを占拠して、私は息もできずにのけ反り返ります。「いいよ~~、イくわ~~~、一緒にイって~~」と泣き叫びます。

 堰を切ったように押し寄せるエクスタシーに、彼もむず痒い刺激を受けて、じくじくと白い魔液を膣の中に氾濫させます。灼熱した白いマグマが噴き上げて、膣の一番奥に容赦なく降り注がれます。

 いきなり挿入から抜いたペニスの最後の一適を搾り取る様に、吸いだし亀頭全体を舌で拭い、舐めてヌル付きを取りました。私の愛液も彼がしゃがみ込んで、まず一度はサクラ紙で拭き取り、膣の中に指を入れて、最後は口をマンコに当てて吸い取ってもらいます。

 ちょうど終わったころに、地上に戻ります。係員がドアを開けると、性交での淫臭が流れ出しますが、ここでは恋するふたりは全員が交わっているみたいですから、平気でした。

 あとはデパートの屋上、公衆トイレ、映画館の後ろの座席、新幹線の最後の座席、飛行機の一番後ろの座席、神社やお寺の後ろの暗がりなど、性交をする場所はいくらでもあるものです。

 ぜひ皆様もお試しください。もし見られたら!!!、そんなときには思い切りマンコのシーンを見せてあげましょう。見せながらするのも快感ですよ~~~。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ