アソコがヒリヒリし逝かずに中断した体験談

 私の彼はオーストラリア人です。仕事場で出会って、かれこれ約3年同棲しています。それこそ最初の1・2年は毎日2回くらいのペースでやっていましたが、最近はお互い仕事が忙しくなったせいもあり、回数は多少減りましたがまだラブラブです。

 昨日彼氏と最高なエッチをしました。夜、寝ようと部屋の電気をして二人ともベッドに入り、抱き合いながら他愛もない会話をしていると、彼が『ユイ、マッサージしてあげようか?』というので『うん』とお願いしました。

【PR】バレずにラクラク包茎矯正トレーニング!!男に自信がつきます。「PストッパーMサイズ」

 私はうつぶせになり、彼が私の上に……と思いきや、突然顔を私のお尻に埋めてきました。(私はタンクトップ+パンツの格好でした)『ひゃっ…な、何!?』とびっくりして上半身を起こし、後ろを振り返ると笑顔で『気持ちいいマッサージしてあげるから』と言われ、起こした体を抑えられました。

 そして彼はお尻を両手で力づよくモミモミしたり、顔をアソコにうずめてパンツの上から舐めたりしてきました。『あんっ…』と声が出てしまいました。すると彼が私のTバックのパンツの横から指を入れて、アソコやクリを高速で攻めてきて、

 もうすっごい気持ち良くなっっちゃって、『あぁっ、あんっ』って喘ぎまくりでした(>_<)そして彼はアソコの中に指を入れてかき回すので、私の濡れ濡れなマンコからクチュクチュ音がしていました。

 私はもうおかしくなってしまいそうで、早く彼のものを入れて思いっきり突いて欲しかっったんですが、彼はまだまだと言ってクリとオマンコをいじめ続けました。

 彼は私をうつ伏せにして、その上に(ももの辺りに)またがってる状態で私は押さえつけられた感じだったので、なんだかそれも興奮しました(笑)それで彼もついに我慢できなくなったのか、おっきくなった彼のおちんちんを、私のぐちょぐちょになったオマンコにゆっくりこすりつけてきました。

『くちゅ…くちゅ…』という音がして、ついに彼のおっきなおちんちんが私の中に…!と思いきや、彼は半分までしか入れてくれず、しかも腰をゆ~っくり動かして出し入れするんです。

『あっ…ねぇっ…はぁっ…』っと、私が言い出すと同時に、彼は私の肩~背中、腰をゆっくりマッサージし始めました。腰の動きを止めずに。それがす~~んごく気持ちよくて!(笑)2種類の気持ちよさが一度に…って感じで、もうやばかったです。

 私、そのせいでさらにもっとぬれちゃって、彼の腰の動きにあわせて『じゅぽ…じゅぽ…』って音がしてました。彼が『気持ちいい?』って何度も聞いてきて、恥ずかしかった。

 そしてしばらくしてからマッサージしてた手がクリちゃんに移動してきて、また高速でいじめられて…。『はぁっ、あっあぁぁん…はあんっ』って私の喘ぎ声も大きくなってきた頃、彼が私を四つんばいにして後ろから力強く突いてきました。

 そうして激しいディープキス&おっぱいモミモミ…で、またピストン…。『あんっ…あぁぁぁん、はぁぁっん…』これを何回も繰り返されて私はもう四つんばいの体勢を保てず、ベットにくずれてました。

 それでも彼のおちんちんは構わずに私の中を突き上げます。私の彼、クリをいじるのが好きで、エッチの最中ず~~~っっとし続けるんです。っていうか、それをすると私がイクからだと思うんですけど。。手が疲れたら違う方の手で…って感じでずっと。

 ついに私もう限界で『あっあぁっあぁぁぁぁっ、イクっ、はぁぁぁっああっ、いっちゃうっ、やぁっ、あぁぁああぁぁぁっっっ!!!』って、いっちゃいました。

 それを見て彼も安心(?)したのか、手マンをやめて両手で私の腰をつかみ、今まで以上にズンズン深く突き上げてきたので、もう私の頭の中は真っ白でした。部屋に私の大きな喘ぎ声とパンッパンッという音が響いていました。

 彼のおちんちんに突かれまくって、またいきそうになり、『あぁぁぁっ、ああっん、イクうっ、またいっちゃうぅぅ~~~!!』っと叫ぶと、『俺も…イクっ…』と彼が言い、彼の精子が私のオマンコの中にいっぱい流れてきて、二人で同時にイキました。(私はピル飲んでるのでいつも中だしです。)

 その後、ちょっと休んだ後、せっかくはいたパンツ脱がされてもう一回戦やりました。色んな体位でやってたらかなり長期戦になって、私のアソコがヒリヒリし出してきたので、どちらも逝かないまま中止するハメに…(笑)

 でも次の日の朝には私のオマンコも復活(笑)して、早速朝エッチしちゃいました。正常位で彼に腰を持ち上げられ、思いっきり高速で奥まで突かれた後、バックでイかされました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ