下ネタから美熟女さんとSEXした体験談

 仕事でいつも会う納品先の田中さん(仮名、人妻)その田中さんは女優の吉瀬○智子にめっちゃ似ている40代後半?です。私は26歳ドライバー先日、これが最終の納品。

 いつもの様に時間があるので、ゆっくり納品して私と一緒に検品している時に、私がしゃがんだ時ボクサーの柄パンが見えてしまったようで

【PR】バレずにラクラク包茎矯正トレーニング!!男に自信がつきます。「PストッパーMサイズ」

 田中さん『ちょっとー!若いから派手なの履いてるねー!うちの息子(中学?高校生?)でさえもっと落ち着いてるのにー!』私「えー!いつもこんなのですよ!」納品先で知り合って3ヶ月くらい、いつも他愛もない話して、時にはこんな感じで下系?も話してる仲です。

田中さん『派手なのは勝負する日なのー?w』
私「毎日が勝負ですからねっ!w」
田中さん『じゃ今日やる日だ?』
私「冗談ですよー!やりませんって!」

こっちからも直球で質問
私「田中さんの勝負はどんなのですー?w」
田中さん『えー、見たい?見せないけどw』
私「少し!チラッとだけ!!」
田中さん『えー、、ちょっと?』

 と言われてダンボールが重なった荷物と壁の間にササッと隠れて、手招き。照れながらもスキニージーンズのボタンを外して、お尻の方をチラッと見せてきたのですがなんと、紫のTバック!!

田中さん『はい!おわーーり!』
私「え、え、ちょっとTバック?」
田中さん『普通だよ?下着のライン見えるの嫌だしさ!』
私「もう少し下げてください!!」
田中さん『そんな見なくていい!』

 と言いながらも膝までジーンズを下ろしてくれてマジマジと見ました。フロントはレース模様も入ってて、まさにスケベな下着。お尻もプルっんと!全然垂れてません。

田中さん『見たら濡れるってーw』
私「いつもこんな下着履いて仕事してたんですねっ!」
お尻を軽く触ると
田中さん『んんっ!』

 拒否もして来ない、我慢できずにしゃがんでお尻に顔を埋めました。ほんのりとオシッコ臭と熟したマン汁のスケベな臭い。

田中さん『ちょっとー!あぁ、、』クンクンしながらTバックのまんこの部分をめくると、マン汁がタラーーっと糸を引き私「こんなになってますよー!」田中さん『んーん、ここじゃダメ!ねー、今日あとで会お?』と誘われました。もちろんok!

 ササッとズボンを上げて顔が火照ったままで納品終了。この時に初めて連絡先を交換し仕事が終わり次第、会うことになりました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ