食堂の女将さんとエッチ仲になった告白

 私はなかなかHのチャンスが無く初体験が遅くて、25歳の時に独身なので食事はいつも隣にある食堂で食べていました。そこの女将さんに気に入られて、休みの日にはあちこちとご一緒させて頂き、家族の人達とも家族同様にお付き合いをさせて頂いておりました。

 半年ほど、お付き合いした頃でしょうか。独り者は洗濯もなかなか出来ずに、汚れた衣類が溜まっているのを女将さんに知られて、私の衣類を女将さんが洗濯をしてくれたのがきっかけで、ちょくちょく私の部屋に来るようになり、

【PR】バレずにラクラク包茎矯正トレーニング!!男に自信がつきます。「PストッパーMサイズ」

 他人のような気がしなくなりだした頃に「タカヒロ君は彼女がいないの~」と言われて「私はまだ彼女は出来ないんだ・・・」と言ったら、女将さんは「それじゃあ、今晩旦那が集まりでいないから、夜のドライブに行かない?」と誘われ、私は直ぐにOKですと答えたら、女将さんは微笑んでくれました。

 女将さんと夕ご飯を一緒に済ませて、私は隣のアパートに戻り、お風呂に入りテレビをみて時間をつぶしていたら、女将さんがドアを開けて「行こう」と言いましたので一緒に車の置いてある駐車場に行き、2人でドライブに出かけました。

 高速道路を走りながら、普通の会話をして1時間位走ってから車を止められる場所で(待避所かな?)話をしていたら、自然とキスを私の方からしてしまいました。女将さんは拒否はしませんでした。

 何度もキスをして、私は興奮して股間は硬くなっていました。それを女将さんが、優しく撫でてくれて、ズボンをファスナーを下ろしてくれて、お口で含んでくれました。私は始めてのフェラに何とも言いようのない快感を味わい、以後はフェラの病みつきになりました。

 その時は初めてのキスと野外経験で恥ずかしさもあり、射精はしませんでした。その日はそのまま帰宅しましたが、次の日に(日曜日)女将さんがいつもの様に私の部屋に来て世話をしてくれて、昼間の店の休憩時間に「抱いてぇ~」と女将さんが言って、私にキスして来ました。

 私は夢中でキスをしながら、女将さんの股間に手を入れて、割れ目に沿い指を上下に動かしていくと、女将さんがイイワ~と声が出ました。

 割れ目もじっとりと濡れてきたので、女将さんを布団に寝かせて正常位で合体したら、何とも気持ちの良い膣で収縮を繰り返すので、直ぐに射精してしまいましたが、女将さんは 怒りもせずに またしようね~と身支度をして表に出ていき、近所の奥さんとお話を始めました。

 それを2階から見ていて、女将さんのガーターの端がスカートの外に出ているのを発見して、びっくりしました。私はばれないかな~と心配していましたが、ばれずに、それ以降も何度もセックスをしていました。

 5年ほど女将さんとセックスしていましたが、女将さんが内の娘はどうかね~っと言いましたので、私は何の事かな~っと思っていると「娘はまだ彼氏もいないし、心配だから付き合ってやってくれ」と言うことでした。

 その娘が今の女房ですが、女房は私と義母との関係は知らないと思います。(結果的に親子とHをしてしまいました)

↓他のHな体験談を見る




ホームへ