男一人しか知らない人生を終えていいのか

 入社した時、同じ部署だった同期の久美は女友達と言うか、親友と言っていいくらいの仲。俺は大卒で久美は短大卒だから、同期と言っても久美は2歳年下。

 どれくらいの仲かと言うと、社内の女で唯一「お前」呼ばわりできる女だった。入社したばかりの時は、先輩たちが俺と久美をくっつけようとしたけど、地元短大出の久美は入社した時には既に彼氏持ちだった。

【PR】バレずにラクラク包茎矯正トレーニング!!男に自信がつきます。「PストッパーMサイズ」

 だから、俺は久美を女としてみないようにしてたから、久美と2人で飲みに行ったりもしてて、彼氏の相談とかもされていた。後に久美には、短大の1年後輩の女の子を紹介されて、とってもいい子だったから付き合っていて、俺も久美の世話になっていた。

 久美との付き合いも2年を過ぎた頃、男女の親友って成立するんだな~と思っていたある日、久美が彼氏との事で相談したいことがあるって言ってきて、仕事終わりに飲みながら話を聞いた。

 親友として真面目に相談事を聞いていたんだが、どうやら久美は彼氏からプロポーズされたものの、回答を延ばしていたようだった。

「お前、迷ってるのか?」
「私ね、彼が初めての人だったんだ。」
「処女あげた男と結婚なんて、素敵じゃないか。」
「でも、このまま彼一人しか知らなくて一生を終えていいのかななんて・・・こんな話、三次君以外にできないし・・・」

 と、何だか話が怪しくなってきて、そんなこと俺に言われても困るなぁ・・・と思いつつ、困り果てて酒のピッチが速くなって、断片的な記憶しかないけど、正気になったときはラブホで二人とも全裸でシャワー浴びてた。

 コイツはヤベえなあ・・・とは思ったが、久美を見ると、「ごめんね。こんな事に付き合わせて。1回でいいから、彼じゃない人としてみたかったんだ。他に頼める人いないし。あ、彼女には絶対言わないから大丈夫だよ。」ああ、きっと久美に誘われたんだ・・・と思った。

 でも、正直、美味しいシチュエーションだとは思った。久美は黙って仰向けになると、膝を少し上げて股を開いた。俺はそこに割って入り、久美の片方の乳房を揉み、もう片方の乳首を舐めた。

 ややムッチリ系の彼女より硬めの乳房、身体に触れた感触も骨っぽい感じだった。足をガバッと開かせてオマンコを見ると、彼氏とは長い付き合いなのか、男一人しか知らないっ割にはマンビラが灰色がかっていて、内側にめくれてて使用感たっぷりだった。

「友達に見られるのって、恥ずかしいなあ・・・」「俺も、友達のオマンコ見るのは複雑な感じだよ。いつもの久美じゃないみたいだもん。」ビラを拡げてクンニ、クリを重点的に転がすように舐めた。

「アアアアッ・・・三次君、上手だね。彼より気持ちいいかも・・・アン・・・」友達との性行為に、久美も興奮してるのだろう、大洪水だった。「フェラ、してあげるね。」

 彼氏の仕込みなんだろう、久美はチンポを横に咥えてハーモニカのように左右に舐める、独特のフェラだった。「やっぱり、男の人によって、チンチンの形って違うんだね。彼の方が太いけど、三次君の方が反ってて長いかも。」

 久美は仰向けになって足を広げた。「あ、私ね、彼に言われてピル飲んでから、そのままで大丈夫だよ。でも、明日彼とデートだから、中には出さないでね。」遠慮なく生で入れた。

 スレンダーなせいか、彼女よりキツマンだった。ヌチャヌチャと卑猥な音を立ててチンポが出し入れされると、「アヒン・・・アヒン・・・」と一風変わった喘ぎをした久美は、

「三次君のチンチン、彼と違うところに当たってる・・・アァ、なにコレ・・・」俺のチンポで快感に身を捩る久美は、いつも社内で見る久美、飲みに行ったときの久美、そんないつもの久美とは全く違う女の色香がダダ漏れだった。

 そんな久美を見て思ったのは、明日、彼に抱かれてこの姿見せるんだろうな、とか、先週も彼に抱かれてこんなふうに喘いだんだろうな、とか。男の匂いがする女って、色気があるなーと思った。

 普段、どんなに真面目で清潔感を漂わせてても、彼氏にハメられて、こんなふうに喘いでるんだなって思うと、妙に興奮した。久美がシーツを握って仰け反ってきたと思ったら、急に抱き付いて足を腰に絡めてきた。

 と同時にキュキュキューッと締め付けられ、
「久美、ヤバイ、離せ、出ちまうぞ!」
「いいから、そのまま出して・・・」
「中はマズいって、お前さっき、アアッ!」

 ドックン、ドックンと久美のオマンコを精液が満たしていった。途中で止める事なんかできないから、ドクドクドクドク~~と大量に久美のオマンコへ精液が送り込まれていった。チンポを抜くと、トロトロと久美のオマンコから精液が流れ出た。

「ヤベえな・・・明日まで中に残るぞ・・・久美、どうすんだよ・・・」
「なんか気持ち良すぎて・・・それに、三次君とは最初で最後だと思ったら・・・」
「明日、彼に答え伝えるんだろう?まさか、結婚、断ったりしないよな?」

「うん・・・三次君のセックスも凄く気持ち良かったけど、彼とのセックスは、心も満たされる気がする。結婚、受けることにする。」
「その方が良いよ。久美、結婚おめでとう。」
「ふふふ・・・友達の精液をアソコから逆流させて、結婚のお祝いされるって・・・」
この後、二人で大笑いした。

 その後も久美とは仲の良い女友達であり、親友のままで身体の関係は一切ない。でも、久美の結婚式では、普通にしていたけど複雑な気分だった。だって、招待者があの新婦のウェディングドレスの中身を知ってるんだからね。

 しかも新婦のオマンコに中出ししてるしね。も仕組みに彼氏がいなかったら、動機だった俺と久美は付き合ってたと思う。正直、久美に彼氏がいたから諦めたようなもので、久美も、もしかしたら俺のことを好きだったんじゃないかって思ってる。

 久美に紹介された久美の短大の後輩も可愛かったから、久美が結婚した翌年、俺もその彼女と結婚した。でも、時々、も仕組みと結婚してたら・・・って思うことがある。

 あの夜、俺も久美も、成り行きと言うより、思いを遂げる最後のチャンスだと思ったんじゃないかな。寄っててはっきり覚えてないけど、今だと、そう思える。これが最初で最後だと心に決めて、セックスしたんだと思う。

 とても刹那的なセックスだったから、あれから15年過ぎても忘れられない、ちょっと切ない、でも良い思い出だと思う。その久美とは、今でも付き合いがある。

 久美は、下の子を出産する時仕事を辞めてしまったんだけど、久美の下の子と、俺の上の子が小〇校で同学年なんだ。今、久美と俺はPTA仲間で、今年一緒に役員してる。だからつい、久美との思い出の一夜を綴ってみたくなったのかな。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ