満足できるか出来ないかは男のテク技量

 元彼との体験談です。彼は付き合いだした頃から、「エッチは2人で作っていくものなんだ。お互いが気持ちよく出来ないと意味がないから。恥ずかしくないから、どこが気持ちよくてどんなことがすきか言ってごらん」といって、

 なかなか言い出せない私を、時間をかけて私の感じる触られ方や、私が興奮するポイントや状況を探り当てていきました。そのせいか、今までクリでしか感じなくて挿入後は感じたことのなかった私が、最初から最後まで最高に感じるようになり、めったに行かなかった私が、毎回何度もいくようになってしまいました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 Mっ毛のある私は、どうも人に見られたり、朝の明るいところでお股を開きあそこを全開にして、彼にじっと見つめられたり、いじくって遊ばれるのが最高に感じました。

 彼が私を開花させたようで、自分でも知らなかったくらい、私がエッチだということにきずかされました。それはエスカレートしていき、ホテルにいっても、ビリヤードをしたりゲームをしながら、負けると1枚ずつ脱いだりして、

 いきなりエッチをするよりちょっとずつ見せていくような、興奮させるやり方をするので、その日は乗り気じゃなかった私を興奮させるのも彼の特技でした。穴の中にペンなど長いものを入れて、下だけ裸にさせられ、そのまま何もなかったかのように2人でお酒を飲んだり、たまに思い出したかのようにそのペンをくるくる回されたり。

 でも会話は普通の話なんです。ある日彼と、ちょっと近場に旅行に行きました。天気のいい昼間の人気のない公園のあたりを散歩している間も、いきなり胸をポロンと出されたり、ショーウィンドウを見て立ち止まった私の後ろにくっついて、ミニスカートの中に手をいれ、クリや穴の中をぐちゅぐちゅされたり。

 その後公園で、椅子に向かい合って座り、脚を広げるよう言われ、彼に覗かれました。そしてびちゃびちゃになったパンツを没収され、ミニスカートにノーパンの私を優しくシーソーに乗せ、向かい合って乗り、シーソーで遊びました。

 彼はずーっと、私のスカートの中を覗いています。たっぷり濡れたあそこは、彼に丸見えです。ブラも外され、彼はノーパンノーブラにキャミにミニスカートの私を、商店街に連れて行きました。

 そして小さなデパートに入り、エスカレーターの下りに1段低く乗った彼は、手をいれまた穴の中をぐちゅぐちゅと意地悪くいじってきました。もう何をされてもいい、いじられまくりたい…! と、見つからないよう隠すことしか考えてませんでした。

 すると、下から上がってくる男の人に丸見えだったようで、驚いた顔で私をじっと見つめている人に気が付きました。が、気持ちよすぎて、彼の手をよけられませんでした。それからカフェに入り、彼と隣り合わせに座り、彼は私のクリや中を弄繰り回しました。

 もう3,4時間いろんなことをされ続け、私はもうとろとろになっていました。それでも飽き足りず彼は、用意しておいた小さなローターを穴の中にいれてきました。それから彼は、普通の会話をはじめ、私にも普通に話すように言い、そんななかでバイブの揺れを強くしたり弱くしたりして、私が耐えて普通に話すのを楽しんでいました。

 誰かに見られそうで見られない、野外での露出や、野外で弄繰り回されるのが大好きで興奮します。露骨にエッチに向き合ってしまうのではなく、自分達は何もないようなフリをしながら、優しくいじくりまわしてくれるんです。

 いつまでも…。そして、ホテルに戻った私たちは、繰り返し繰り返し、いろんな体位やシチュエーションでエッチ三昧でした。Mだけど、命令されたりするのは嫌いなんです。縛られたり外でいじくられても、言葉や態度は優しくないとね。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ