元カノに未練タラタラな俺のストーリー体験談

 先週の金曜日、元カノがいる総務課に用事があって行った時の話。
「彼女、有休取って今日から二週連続の三連休だよ。」
「もう彼女じゃねえよ。」
「あっ!ゴメーン。」

 別れて半年も経つのに、わざとらしい間違いしやがって・・・元カノ、新しい彼氏と泊りがけの旅行にでもいって、大股開いてヤってるんだろうな。そう思ったらやるせなかった。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 その金曜日の夕方、わざとらしい間違いしやがった総務課の女が、「さっきはゴメン。本当にわざとじゃなかったんだ。ウッカリだったんだ・・・」と本当に申し訳なさそうな顔で言ってきた。「もういいよ。酒でも飲んで帰ってやらあ・・・」

 と言ったら、「私も付き合うよ。私も、彼氏と別れたんだ・・・先月・・・」二人でヤケ酒呑んだ。その夜、元カノが新彼にオマンコ舐められてアヘアヘしている夢を見た。

 そして、そのデカチンおしゃぶりして、そのヌメッたデカチンでオマンコを何度も突かれまくって、ヒィヒィと仰け反ってヨガってるんだ。そして、オマンコの奥に射精されて、アヘ顔でヨダレを垂らしてグロッキー。

 そのデカチンが抜かれたオマンコが、ポッカリと開ききって、そこから中出し精液がドロ~~っと流れ落ちたんだ、金曜日にヤケ酒呑んだ女が、週明けの月曜日に社内メールで、「金曜日の夜は付き合ってくれてありがとう。また、誘ってくれたらうれしいな。」

 と送ってきたから、彼女ちょっとポッチャリ気味だけど、まあまあ可愛い子だから、「今週の金曜日も行っちゃうか?」と送ったら、「ヨロシクね。」だって。もしかして、ヤレッかな?・・・なんて期待して先週の金曜日飲みに行ったんだ。

 イイ感じに酔っぱらって、口説き入れたらコロッと落ちた。ラブホに連れ込んでヤッちまったよ。彼女、3歳年下の23歳で、処女ではなかったけど経験は浅そうだった。顔が丸くて可愛いからポッチャリなイメージだったけど、脱がしたらポッチャリというよりムッチリだったな。

 色白で、オマンコは裂け目って感じで、拡げて見るとは桃色でメッチャ綺麗なオマンコだったよ。「生でもいい?」「ずっと好きだったから、生で良いです。でも、中には出さないでくださいね。」急に敬語になった彼女が可愛かったよ。

 きつくはないけど、密着感のある良いオマンコしてて、プニプニの抱き心地も良くて、二回もヤッちまった。なーんか、身体張って狙い撃ちされたような気もしないでもないけど、スキスキ光線浴びて愛されるっていいもんだね。

 なんだか、このまま彼女と結婚するんじゃないかって思ってるよ。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ