やりたいと思っていた会社の女課長

 きっと、体重は45キロくらい。細身で長身の永林さん。年は47くらいだけど綺麗でいつかやりたいと思ってたけど犯してしまった。永林課長は、既婚だけど子なしだった。どうやら子供ができない体らしい。

 ある飲み会のあとよったふりして、家に泊めてもらった。新卒採用されたぼくは23歳と子供みたいだったから夜泊めてくれたのだろう。旦那が出張だったから、僕は決めた。犯すことを。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 永林課長が寝たと思われるときに、僕はガムテープを、手に取り少しずつ縛り挙げた。目が覚めた頃には、真夜中の裸状態。ぶち込んだ。こんなに泣くのかといくらい泣いてた。申し訳ないと思いながらも腰をふった。

 だえど、叫ぶ、泣きわけめく。それでも声と想いは届かない。諦めたようにごめんね、ごめん、ごめん、と言っていた。興奮する僕は1発目は中出しをした。泣いていた。でも、性欲は収まらない口に突っ込み腰をふる。

 そして、あそそにもつっこむ。かわいそうだったけど、引くに引けない最後は顔にかけてふたりで写真を撮った。永林課長は、いつのまにか離婚。子供できず僕との関係を求める。僕は結婚して幸せだ。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ