男ですが病院の問診治療で疑問がある体験をしました

 僕が実際に経験したことを 少しエロく表現しています。ソフトな内容になります。期待している方はご遠慮ください。彼女といつものようにセックスしたあと帰宅しました。

 次の日 目が覚めると股間が少し痛痒くなりました。すぐに治るだろうと思い我慢していました。しかし翌日になっても治らないので彼女に相談すると、私は以前から少し痒いと言いました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 我慢していても治らないと思い2人で病院へ行くことに決めました。恥ずかしいので大きな病院を避け、電話帳で調べた個人病院へ行きました。そこは1階が病院で2階が自宅という小さな個人病院でした。

 中に入ると無愛想な年配の看護師がいました。受け付けを済ませ待合室へ行きました。周りには子連れの主師が1組いるだけでした。すぐに呼ばれて彼女と診察室へ入りました。そこには初老に近い男医師が椅子に座っていました。

 看護師と仲が悪いのか 1人で診察をしているようでした。態度が大きくて全てを上から目線で話してきました。経由と症状を説明すると医師は面倒くさそうに僕の方を向き、出して見せてみろと言います。

 ここでですか?と質問すると、ここ以外どこで見せるんや!と叱られました。仕方なく丸椅子に座ったままチャックを下ろして アソコを摘んで出しました。剥かな見えんやろ と言われ、自分で皮を伸ばしました。

 こんな姿を彼女に見られて、屈辱と恥ずかしさでいっぱいでした。医師は診察するわけでもなく もうしまっていい と言いました。そして 次彼女の方 と言われました。彼女は戸惑った様子で 脱ぐんですか?と質問しました。

 医師は面倒くさそうにズラせば見えるやろ と言いました。彼女は丸椅子に座ったまま 脚を開きスカートをめくりました。そして下着に指をかけて横へ引っ張りました。彼女のアソコは露出して、僕と医師の視線は彼女の股間にありました。

 医師は彼女の前へ ゆっくりとキャスター付の椅子を引き、目の前に座りました。そして指で広げんと分からんやろ!と怒りました。少し可哀相になりましたが 何も言えませんでした。

 彼女は恥ずかしそうに もう片方の手指でアソコを広げました。医師は背中を丸め 顔を近づけて観察を始めました。そして断りもなしに両手でアソコを触り始めました。横目で見ていましたが心配になり、一瞬 彼女の下半身を覗き込みました。

 すると 医師は両親指でアソコを広げていました。その親指は穴に入りそうなほど奥深くに入り、中まで広げた状態でした。僕は彼女の気持ちを考え 丸椅子を回転させて視線を外しました。診察室は静まり返っていました。

 どれくらい待ったでしょうか、突然 クチャッと粘膜の音が聞こえ、彼女の丸椅子のきしむ音が聞こえました。すると医師が もっと力抜いてぇ!と怒りました。しばらくするとまた クチャッと粘膜の音が聞こえました。

 僕は心配になり 丸椅子を回転させて視線を戻しました。すると彼女は両手でスカートをめくり、脚を大きくガニ股に広げて座っていました。そして医師は彼女の下着をズラし、指でアソコを広げた状態で指圧していました。

 そのため彼女のアソコは内蔵が盛り上がり 少し飛び出していました。彼女は僕が振り返ったことに動揺し、反射的に脚を閉じてスカートで下半身を隠しました。しかし医師の手は離れず、彼女の顔を見上げ 睨みつけていました。

 そして医師は はよ見せんか! と怒りました。下を向いていた彼女は一瞬 こちらを見ました。僕は体の向きを変え壁を見ました。何をしているのか分かりませんが、時々 医師が姿勢を変える音とキャスターが動く音しか聞こえませんでした。

 とてつもなく長い時間が過ぎ 診察が終わりました。そして待合室に戻り 薬をもらって病院を出ました。帰り道、彼女に 診察で何をされていたのか聞き出そうとしました。すると突然 泣かれてしまいました。

 結局 何をされたのか聞けませんでしたが、酷いことをされていたのは間違いありません。毎日患者を診察している医師は感覚がマヒして、自分のやっている異常さを理解できていないのかもしれません。

 僕からすると あの時の診察は彼女への出来心 イタズラとしか思えませんでした。薬が利いたのか2週間程で痒みはなくなりましたが、わたしの不満と後悔はなくなりません。少しエロく表現しましたが、皆さんはこのような経験ありませんか。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ