高速バスで隣に座った美女に悶々とした体験談

 出張帰りの高速バスでのこと、いつもは二人がけに一人なのに、今日は結構混んでいて、隣に二十代半ばくらいのスレンダーな美女が座りました。基本的に男女の組み合わせにはしないのですが、

 通路を挟んだ反対側には彼女のお母さんと思しき女性が座り、なるほどなと納得したのでした。走り出して10分ほどした時点で隣の彼女は寝入ってしまいました。私はスマホでナンネやらゴルフの速報やらををみていたのですが、

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 しばらくして隣を見ると彼女の胸元がセクシーな状態に。スレンダーな女性なので微かな膨らみが斜め上から覗けるんです。時間が経つと黒にピンクの刺繍をあしらったブラがチラチラと見え、思わずムスコはカチカチに(笑)

 もう少しでチクビが見えるのになぁと、悶々としてしまいました。やがてバスは休憩のためにSAに。それ以降は同じ状態にはなりませんでした。つまらない話ですみません。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ