長年したかったある事を実行している中年人妻

 私は、43才の専業主婦です。この4月から、主人は単身赴任、1人息子も遠方の大学に入学し、私一人の生活が始まりました。私には、どうしてもしてみたかったことがあります。

 それは、私が高校二年生のときに、体験しましたある出来。それ以来、ずっと心の奥に、密かに抱き続けてきました。独身時代は、両親や姉弟と暮らしていましたし、結婚してからは、子育てや家事に追われた毎日で、ゆっくりと自分一人で過ごせる時間なんてありませんでした。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 この3月は、主人や息子の転居準備や転居先での片付けなど、本当に大変な毎日でした。二人の新たな生活も落ち着いて、私一人の生活が始まりました。今朝、9時を過ぎた頃です。

 リビングのソファーに座って、コーヒーを飲んでた私、『志穂、やっと一人になれたじゃない…あなたが、ずっとしたかったこと、思う存分出来るじゃない』それは、もう一人の私の声…

 気が付けば私、ソファーに座ったまま、ニットの上着を脱いでいました。ジーンズのファスナーも下ろして、ソファーから、お尻を浮かせ脱ぎ捨てます。ソックスも脱いで私、あっと言う間に、下着だけの姿です。

 真っ白のレースのブラと、私の黒い茂みをなんとか隠せるくらいの白いレースの小さなショーツだけを身に付けた私、ソファーから、静かに立ち上がりました。ベランダへ出られる大きなガラス戸の前へ進みます。

 レースのカーテン越しに、外の景色が見えています。私が立っているのは、郊外に建ったマンションの5階の部屋です。ベランダからの景色には、手前の広大な畑と、その向こうに幾つかの建物と、新幹線の高架が見えています。

 レースのカーテンを開けても、下着だけの私の姿は、誰にも見えないと思いました。でも、カーテンを開けようとしたとき、急に身体が震え出しました。でも私、なんとかカーテンを全部開けて、ガラス戸の側に立っていました。

『ねぇ、志穂…早く下着も脱ぎなさいよ…あなたが、ずっとしたかった全裸の生活、出来るじゃない』もう一人の私の声に、高校二年生のあの日の出来事が、蘇ってきました。

 当時、弓道部に入っていた私、秋の大会のことで、練習後に顧問の先生から呼ばれて、部室に戻るのが遅くなりました。部室には、キャプテンだけが待っててくれて、しばらく話をしたあと、私に鍵を渡して先に帰っていきました。

 着替え始めた私、弓道着の上着、袴、足袋を脱いで、下着だけの姿なったとき、部室の窓の外に人の気配を感じました。すりガラスの窓が、ほんの少し開いていましたが、誰かが外を通っただけだと思いました。

 普段、着替えるとき、女子ばかりの部屋ですから、下着姿で道着をたたむのも普段通りの私。でもやっぱり、人の気配を感じたから、横目で窓を見てみました。たしかに、さっきより窓の隙間が、大きくなって……誰かが覗いてる。

 下着姿の私を、誰かに見られてる…どうしよぅ…大きな声出そうか…気付いてない素振りで、もう一度、窓の方を確認したの…間違いなく、覗いてる…身動き一つしないで…私、変な気持ちになってきました。

 私だって、異性に興味津々な年頃だもの…あの人、私の下着姿を見て、興奮してるのかなぁ…おちんちん、起ってるのかなぁ…あの人が、一番見たいのは、きっと裸の私…私、心臓がバクバクして、全身が震え出しました。

 でも、あの人には、そんなこと気付かれちゃダメ…懸命に平静を装おって、スポーツタオルで、身体を拭き始めた私。今思い出せば、その時の私は、極度の緊張と気持ちの高ぶりで、怖さまで感じる余裕がなかったのかもしれません。

 頭の中が真っ白になって、どんな風に、ブラを外したのかは覚えていません。気が付けば、足元にブラが落ちてて、乳房も乳首も露にさせた私がいました。さすがに、ショーツまで脱ぐことは、出来るはずもなくて、急いでブラも付けずに、制服を着てしまいました。

 窓の側から、走り去る足音が聞こえて私、その場にヘナヘナと崩れ落ちてしまいました。それ以来、私は、裸になることに、興奮を覚えるようになりました。誰かに見せたいとか、見て欲しいとかじゃなくて、裸になるという行為
そのものに、気持ちが高ぶります。

 1枚1枚、着ているものを脱いでいくという行為、そして、何一つ身に付けない生まれたままの姿になった自分に、とても興奮してしまいます。独身時代は、お風呂に入る時と、自分の部屋で、寝る時だけは、全裸になれました。

 結婚してからも、お風呂と主人との営み以外、全裸になれる場所もなくて、日々の忙しさに、私の願望も、だんだんと心の奥へと押しやられていきました。でも、今日から私、もう一人の自分に変身します。

 ベランダのガラス戸の前に立った下着姿の私を、どこかで、誰かが望遠鏡で見てるかもしれません。まず、あり得ないことでしょうけど…それでも私、心臓がバクバクしました。

 ブラのストラップを、両肩から外します。両手を後ろにまわして、震える指先で背中のフォックを外した私。左右のカップから、私のBカップの乳房と、すでに固くなった敏感な乳首が、飛び出しました。

 私もう、身体には、小さなショーツが1枚だけです。あの日、部室では、どうしても脱げなかったショーツ…でも私、今日は違います。身体に付けてるものは、何も残さず外したいの。指輪もネックレスも、さっき外しました。

 このショーツを脱げば私、本当の完裸。両サイドは、細い紐で結んだショーツ。片方の結び目を解くと、陰部の茂みが半分近く顔を出しました。もう片方の結び目も解きます。1枚の小さな布切れになったショーツが、足元へ落ちました。

 私の恥ずかしい黒い茂み、お尻の割れ目、そして乳房も乳首も、全てを露にさせた私が、そこにいました。今日から私、ずっと全裸で過ごします。外へ出掛ける時以外は、何も身に付けません。今夜か明日の朝、全裸のままで、ベランダへ出てみます。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ