銭湯の視姦は男にとって仕方ない行為の体験談

 5月6日の夜、自宅から徒歩5分ほどの商店街にある銭湯に行きました。戦前から営業してきたという店で、私も年に何度か利用します。普段は主人と一緒に行くのですが、その日はお酒を飲んですでに寝ていたので、一人で出かけました。

 自宅以外では基本的にコンタクトですが、近所に出るときはメガネのままです。番台に座る顔見知りの女将さんに代金を払って、他愛もない会話を交わしながら服を脱ぎメガネを外すと、洗い場に入りました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 外出自粛が続く中での夜の時間帯ということもあり、入ってから出るまで女湯は「貸し切り状態」でした。入浴を終えて洗い場から出ると、脱衣場の床に滴を落とさないように上り口でカラダ全体を、股間も含め擦りタオルで丹念に拭いました。

 脱衣場も客は私一人です。拭い終わると、前も隠さずロッカーに向かいました。女将さんと話をしながら服を脱いだので、バスタオルや着替えの下着は番台からほど近いロッカーの中です。

 お風呂道具の入った籠をロッカーの上に置き、目の前の番台を見た私はギョッとしました。番台にはいつの間にか女将さんに代わって中年の男の人が座っており、全裸の私をジッと見ていたからです。

 この店はもう何年も利用していますが、番台に座っているのは女将さんかパートの女の人で、男の人は初めてでした。番台の男の人はマスクをしており、私もメガネを外しているので相手の表情までは分かりかねますが、ネットリしたような目つきだけは感じました。

 上り口でカラダ全体を丹念に拭い、前も隠さず番台の方に近づいてくる全裸の私をずっと見ていたに違いありません。私はいわゆる貧乳で乳房の膨らみがなく、乳首だけが飛び出ています。

 おまけにヘアが薄くて、裸を正面から姿見に映すとワレメが見えているのです。男の人の視線は明らかに私の胸と下腹部に注がれていました。私は思わず身を屈め、片方の手で胸をもう片方の手で下腹部を覆い隠してしまいました。

 でも、その恥じらいに満ちた仕草は相手を興奮させるだけだったかもしれません。上がり口で股間を拭う際、お尻を番台の方に向けて上体を深く折り曲げたようにも思うので、アソコまで見られてしまったのではないかという不安も頭をよぎりました。

 でも後で考えると、上がり口と番台は離れているし、男の人は高い位置から見ていたので、その心配はまずないでしょう。

 大急ぎで纏ったバスタオルの下からパンティを穿いて(入浴後はいつもノーブラです)服を着ると、その場から一刻も早く逃れたくて髪も乾かさずに店を後にしました。

 店を出るとき「ありがとうございました」と声をかけた男の人には、「一体、何に対して『ありがとうございました』って言ってるのよ?」と思いました。

 家に帰ると主人は目を覚ましていたので、店での一部始終を話しました。ところが、自分の妻が「視姦」されたというのに「イイ女の無防備な裸が目の前にあれば、番台の親父だって見たくなるよ」と、まるで他人事みたいな返事です。

 主人もわざと冗談めかして、私を宥め落ち着かせようとしたのでしょうが…

↓他のHな体験談を見る




ホームへ