不倫して帰宅後に夫に求められる険悪な状態

 四十代半ばの主婦です。パート先のスーパーで知り合った大学生と男女の関係になり半年ほどたちます。先日も夕方に仕事を終えてから待ち合わせ、郊外のホテルで愛し合いました。

 その日はいつもより激しく愛し合い、疲れ果てて繋がったまま二人で眠りに落ちてしまいました。目が覚めると、いつも10時頃には帰宅していたのに、すでに11時を回っていて。慌ててシャワーを使って、ホテルを出ました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 家に着くと時計は12を過ぎていました。こっそりと階段をのぼり二階の自室に向かっていると、夫が自分の部屋のドアを開けて手招きしたのです。もう何年もレスだったので、「まさか」とは思ったのですが、悪い予感は現実のものになってしまい、夫が体を求めてきたのです。

 私は「まずい、ヤバイ!」と体が固く凍り付きました。というのも、彼と会う時はいつも勝負下着の黒のブラとショーツを身に着けていたこと。それと、彼のオチンチンが並外れて大きくて。それだけならまだしも、ぐるぐると腰を回してアソコを目一杯押し拡げるような動きが大好きなのです。

 私は、「今日は疲れてるから」とか「明日は朝から仕事だから」と必死に訴えても夫は聞く耳を持ちませんでした。夫の部屋に引き入れられて着ているものを脱がされ、しっかり黒の勝負下着を見られてしまいました。

 どうしてスーパーのパートに行くのに黒の下着なの? と、思われたと思います。さらに、このまま事がすすめば、シックスナインの格好でお互いを愛し合うのがお決まりのコースです。

 でも、それは絶対に避けなければなりません。というのは、安全日ということもあって私と大学生の彼は避妊せずに交わっていたからです。いくらシャワーで流したからと言っても、子宮の奥深くまで注ぎ込まれた精液はだらだらと漏れて下着を濡らしていたからです。

 私は思い切って夫のオチンチンに一方的にむしゃぶり付き、奥深くまで咥え込みました。夫は驚いた様子でした。それまでは先端を申し訳程度に口に含むだけだったのに、いきなり根元まで咥え込まれるなんて。

 私は夫の射精を心待ちにしながら、必死に舌と喉奥で奉仕し続けました。でも、なかなか放出まで至らなく、私もアゴがしびれて麻痺しはじめました。とうとう私は意を決して夫に跨り、ペニスの先端をアナルに導きました。

 夫はウゥッと感に堪えた声を出してアッという間に果てました。さすがに夫は怪訝な顔をしていました。黒の下着といい、ディープフェラといい、それに初アナルでしたから当然ですよね。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ