ハプバーで体験した出来事のお話です

 ハロウィンに某ハプバーに行くと、従業員のおばちゃんが変なコスプレしていた。他の常連♀もセーラー服着ていた。いいよそういうのプレイルームにカップルがいて、服を着たまま♀がフェラしていて、♂はやる気なく寝ていた。

 以前見かけた常連♀40代(お喋りがうるさい、一回だけセックスした)、先週セックスした常連♀B(40代)、常連♀(30代) に常連の♂がいた。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 先週セックスした単独女性がいたが自分のことはすっかり忘れていた。常連♂と常連♀Aがおっぱいやちんこ触って遊び、せっかくだからやる?とプレイルームに行った。

 別の常連♀Bもついて行ったが「ほらほら頑張れー」と服着たまま見ているだけだった。フェラだけカップルが戻ってきた。♀に話を聞くとセフレだから別行動とっている。カップル♂が他の店で何しようと干渉しない。

 ただ二人で遊ぶ時だけは唯一この店に来る、とのこと「で、ここではどんなプレーを?」と尋ねると二人だけで遊ぶ。複数はしない、と答えた。ハイ用なし。

 今度は別の単独♂と受付おばちゃんがやりだした、何だこの人もやるのかと見ていたら単独♂が「こっち来ていいよ」と誘ってくれた。別にお前の女じゃねえだろ、と思いつつも「えへへへ ありがとうございますー。」とフェラさせて 制上位 バックでさっさと射精した。

 談話室に戻ると今来たばかりの単独♂がいた。 ソファーには常連♀達と先ほどの常連単独♂が仲良く談笑。さすがに新規の単独♂君をないがしろにしすぎと気づいたか「ねえ ほら彼にも何か話してあげなよ。」と常連♀が言うも皆面倒くさくて相手しなかった。ひどすぎる。

 10時30分になり 常連♀Bの隣に座り「先週やったんだから今日もやらせろ せめておっぱい触らせろ、お前はもう俺の女なんだろう?」 とマッサージを理由に体に触ったが11時になると「はい おしまーい」と片付け始めた。

 新規単独君が先に帰ると残った女性陣は「彼何もしゃべらなかったね」「前もあんなだったよね」「警察かな?」とひそひそ話していた。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ