またしようね!ってスナックのママさんとの体験談

 良く通ってたスナックがあるんですが、コロナがあるまでは、会社が退職者が居ても人員補充が無く業務がどんどん忙しくなり、ちょっと疎遠に。それが、コロナのおかげと言うのも何ですが、今月半ばから暇になりだし、ほとんど定時退社。

 ふと思い出し、週末だしスナックに、昨日久しぶりにお邪魔しました。店の前に行くと、いつもなら賑やかなカラオケや会話の音が聞こえず、入るとママだけがテレビ観ながらカウンターで座っていました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

「あら、いらっしゃい。久しぶりやん。」ママはカウンターの中に入って、「来ないから、ボトル捨てたわよ~。」と言いながらも、ごそごそして、「あ、あったわ!(笑)」とジョークをかましながら、準備をしてくれます。

 仕事の話をしつつ、最近の店のことを聞くと、この1週間は客足がぱったり。いつもなら送別会の2次会とかで賑わうのですが、送別会自体が無くなって、ついでが無いとか、年配のお客さんも外出を自粛してて、常連さんも足が遠退いてるそう。

 結局昨日も、7時に入って10時になっても他の来客無し。お互いそこそこ飲んで、溜まってたし、ちょっと口説いてみようかと思い、「ママ~・・・これからエッチしようよ。」

 前から何度か言ったことはありましたが、ことごとく流され、今回も全然期待せず、半ば冗談で言ってみたんですが、「ええよ~。じゃ、店閉めるわ。」と片付け始めました。

 10分ほどして、「ちょっと外で待っててな。」店の明かりとか消し、鍵を閉めて、「さ、行こか。」と腕を組んでラブホ街に。私は、

「泊りでもいい?」「ええよ。」
「旦那、何も言わん?」
「今夜、夜勤やし大丈夫。」

 最寄りのラブホに入り、宿泊と伝えてフロントで金払って部屋に。抱き寄せてキスして、風呂の準備。しばらくソファーで話し、「なんか、今日はあっさり受けてくれたね。」「だって・・・ストレス溜まってたし。」

 お湯の出る音が止まり、入りましょうかと服を自分で脱ぎました。ママは、下着だけの状態で、「(ブラの)フック外して~」私に背を向け、私はフックを外して、ママがブラを置くと、パンティーも脱いで、

「さ、入ろ!」と手を引いて入りました。50くらいだったと思いますが、デブではないですが、ちょっとぽっちゃりで、年齢的な弛みもなかなかそそられる感じです。シャワーを出し、身体を洗ってくれました。

 お湯をかけ、ボディーソープを手に取り、全体的に付けてから身体を密着させて擦ってきました。私もママを抱き寄せ、アソコを触ってやると、「ああ~ん・・・いい・・・」しばらく触って洗い流し、浴槽に浸かります。

 ママを前にして抱き寄せ、オッパイやアソコを弄り、ママは気持ち良さそうに声を出していました。「のぼせちゃう~・・・」と言って出て、私も一緒に出ました。ベッドに入り、キスしたら、ママは私の愚息を咥えました。

 段々勃起してきて、ジュルジュル音を立てて、吸い付きながら、「ああ~。。。凄く硬くなってきた~。」私はママに身体の向きを返させ69でアソコをクンニ。黒いビラビラを拡げ、クリを剥き出しにして吸い付くと、

「あああーー!!いいーーー!!」と言って、ちょっと漏らし、それも私が吸い取って、更に舐めたりすると、「いっちゃう!いっちゃう!あああーー!」と身体をビクビクさせてました。

「そろそろ入れる?」ママは黙って頷き、仰向けになって、私はママの中に。ゆっくり入れると、「あああーーー、いいーー!」と喘ぎ、ちょっとじっとしてキス。

「おチンポ、久しぶり?」
「うん・・・」
「いつぶり?」
「う~ん・・・1か月・・・」

「旦那?」
「ううん・・・うふっ」
「誰よ?」
「秘密・・・」
「言わないと抜くよ。」

「いじわる・・・他のお客さん。」
「寝てるんだ。お客さんと。」
「どうしてもって・・・許して。」
「いじめてやるからね。」
「いっぱいして・・・」

 そう言って、ちょっと激し目にピストンしてやると、イキやすい体質なのか、何度も中イキしたようで、シーツにも大きくシミが出来たりして、15分くらいしたら、失神したように動かなくなりました。

 ちょっとインターバル置いて、「中で出すよ。」ママは小さく頷き、一気に突き上げると、「あああーー!!またイッちゃうーー!!」と声を上げる中、私もママの中で果てました。

 しばらく抱き合ったまま、ゆっくり抜くと、中からドロドロと精液が溢れ、愚息をママの口に突っ込むと、舌を絡めて咥えていました。ちょっと息が整ったら、

「凄かった・・・若いから元気。」
「イキやすいね。」
「ここまでは、初めてかも。あの人、ここまで元気じゃなくて、ほとんど舐めたり指で弄ったりだもん。」
「あの人って?」
「○○さん、あの丸刈りの。」

 そういや、よく社長とか呼ばれてた人か。一番高い酒をキープしてるし、上客なら仕方ないかと思い、ちょっと寝てはハメを繰り返し、6時にチェックアウトして帰ってきました。

 結構満足したようで、別れ際には、「また、しようね。」と言って、穿いてたパンティーを脱いで渡され、キスしてくれました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ