シュチュエーションを変えてエロを楽しんでいます

 三歳年上の夫と結婚して三年三十二歳の主婦です。生まれて半年になる男の子がいます。夫とは大恋愛の末に結ばれました。優しい夫と元気な赤ちゃんに恵まれて幸せな毎日でした。

 そんなある日の事でした。夫を会社に送り出した後、ようやく家事を終わらせる頃に娘が泣きだしました。「ごめん。ごめん。おなかがちゅいたでちゅかぁ?」娘に話しかける時にはつい赤ちゃん言葉になってしまうのでした。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 ベビーサークルから娘を抱き上げると、授乳用のチュニックの胸をはだけさすと右胸の乳首を咥えさせました。パンパンに張った乳房。娘は乳首に痛みを感じさせるほど力強くおっぱいを吸ってくれました。

 昼下がりの私にとっては最高に幸せな時でした。お腹いっぱいおっぱいを吸った娘は眠くなったのか、ウトウトとし始めました。起こさない様にベビーベッドに戻すと、チュニックの胸元を直しました。その時でした、

「声を出すな!殺すぞ!赤ん坊がどうなっても知らないぞ!」そう言う男の声と共に私の目の前に、きらりと光るナイフが差し出されたのでした。「もう一度だけ言う。大人しくしないと、娘ともども命の保証は無いからな。いいな、分かったか。分かったら黙って頷け!」私は男の言う通り黙って小さく頷きました。

「こっちへ来い」男は私の手を取り、部屋の中央に引き倒しました。声を出そうとしたのですが、先ほどの「声を出したら・・・」と言う男の声が思い出され、助けを呼ぶことも出来ませんでした。

「これでも咥えておけ!」そう言うと、畳の上に置いてあった洗濯物の中から私のショーツを手に取り、私の口に無理やり咥えさせたのでした。助けを呼ぶ声も出せずに、「うー。うー。」と恨めしく天井を見つめていたのでした。

 私が弱みを握られて助けも呼べない事が解かると男の手がチュニックの上から私の乳房を揉みし抱いたのでした。お乳でパンパンに張った乳房は痛みを感じました。その痛みに思わず「うっ!」と声を漏らすと

「おっ!奥さん、感じているのか?」カン違いした男はそう言って更に強く胸を揉みし抱いたのでした。チュニックの中の私の乳首から、母乳が溢れ出してきたのでした。

 直ぐにおっぱいをあげられるようにと、チュニックの下にはブラは付けていませんでした。その為に男にも直ぐに分かるように、母乳でチュニックが濡れて来てしまったのでした。

 チュニックを脱がされて、パンパンに張った両の乳房が露わになりました。「行きがけの駄賃か?」そう言うと男は私の乳首に吸い付くと、溢れ出た母乳を嬉々として吸い出したのでした。

「何十年振りかのおっぱいだよ」口の周りを私の溢れ出た母乳で濡らして私の顔を覗き込んだのでした。散々私の乳房に吸い付いていた男は、チュニックをたくし上げると、私の両脚を大きく開かせたのでした。

 ショーツの上から私の中心部を舌で弄るようにすると、「ここも濡らしてるじゃないか!どんだけスケベな女なんだ?」激しく抵抗も出来ずにショーツを剥ぎ取られ、惜しげも無く晒された中心部を男が舐めあげました。

「うーっ!」声にもならない声を上げた次の瞬間、私の秘所を男の固い物が貫いたのでした。私の口から言えないような卑猥な言葉を囁きながら、男は荒々しく注挿を繰り返すのでした。どんだけの時間が過ぎたのでしょうか。遂にその瞬間が訪れていました。

 男の動きが突然止まりました。「駄目!中には出さないで!」そう言おうとしたのでしたが、口に咥えさせられていた為に声にはなりませんでした。ただ「うーっ。うーっ」とだけ声が出ただけでした。

 男の身体から私の身体の中に熱い樹液が注ぎ込まれました。「いいな奥さん。この事は旦那にも黙っておくんだな!」そう言って私の口からショーツを外すと「さあ。お掃除フェラをして貰おうか!」私の愛液と男の精液で汚れたペニスを、顔の前に差し出しました。

 観念した私は男のペニスを咥えました。「歯を立てるんじゃないぞ、いいな!しっかりと吸って綺麗にするんだぞ」男のペニスを加えながら私は小さく頷きました。

「じゃあな奥さん。孕むような事にでもなったらしっかりと育てろよ!」そう男は言うと、部屋から出て行きました。数秒置いて玄関のドアが開くと

「おい。今日はどうだった?良かったか?」
「はいあなた。最高!」
「次はどんなシュチュエーションで行く?」
そう夫が言ったのでした。

 そう。もうお分かりの様に会社に出掛けた夫の後に部屋に押し入ってきた男は、暴漢に成りすました夫だったのでした。この様にして、毎回私たちはシュチュエーションを変えて楽しんでいたのでした。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ