ハブバーでしたエロチックな体験談書いてみました

 祝日前夜ハプバーに1人で行ってみた。書き込みは単独女性一人とカップル一組のみ そんなに混んでないだろうと予想したが、室内には下着だけの若いカップル(♀20代 ♂30代)

 私服のままの単独女性(50代 みつこと仮称)エロ下着の単独女性(40代 かずこと仮称)単独男性5人というメンバーだった。しばらくすると奥の部屋から私服の単独女性(30代 マーサと仮称)が現れた。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 自分が私物をロッカーに入れたり何やらしている間既にプレイルームで遊んでいたようで、周りの女性から「あ、元の姿(コスプレから私服に戻ったってことね)に戻っちゃった。」と言われていた。

 ソファー席にはみつこ かずこ カップルが座っていたがカップルがシャワーに移動。みつこが「えー隣に男がいないー つまらなーい」と言うので床に座っていた自分がソファー席に移動してかずこの隣に座った。

 かずこがみつことしゃべっている間ちょこちょこかずこの体が自分にあたった。カップルのシャワー長いなあ、と思っていたら既にプレイルームに移動しておりシャワールームは空いていた。

「空いてるんだったらシャワー行っちゃって」促されてシャワー浴びてプレイルームに行くとカップルがセックス、かずこはそこで単独♂に満平をいじられていた。

 腰をほれほれほれーい と動かしているカップル♂が「触ってもいいですよ。」と自分に言うので♀のおっぱいに触ると♀は「ああっ すごいっ こんなの初めてっ こここ 壊れちゃいますよこりゃあ!(もみもみ) ・・・・あー うーん・・・なんだかなあ」トーンダウンしたのでその場から離脱した。

 かずこのそばに近づくとかずこが自分の陳平を掴むのでじゃあ行きますかね と単独♂さんに代わってずっぽりと挿入。年の割には(失礼)張りのあるおっぱいと滑らかな肌だった。

 セックスすると女性はきれいになる・・・訳もなくお金かけて手入れしてるんだろうな。かずこの数の子に射精すると別の単独♂が入ってきてかずこに挿入した。かずこは「なんか人増えているー」と喜んだ。

 室内が狭くなってのでバールームに戻ると、マーサと単独♂2名とみつこが談笑していた。マーサ曰くハプバーにて来店した単独男性が最初に自分を口説いてくれたらどんな男性とでもセックスする、

 もし他の女のところに行ってダメだからって自分の席に来られた場合は相手しない、そうだ。気持ちはわかるけど男としても最初にどの女性に声をかけるか、初動を間違えるとすべてが失敗するから敢えて美人はスルーして隙がありそうな女性に声をかける、なんて話をした。

 自分の隣に座っていたみつこが「あんたいい身体してるわねえ」と腕をもんだ。「こっちはどうなのよ」とズボン越しに陳平をもみ「たってきたじゃない、抜く?」と囁いた。

 但しシャワーは面倒だからなし、お互い舐めは抜きで抜きましょう、とのこと。プレイルームに再度戻りみつこに挿入。体臭と制汗剤の混ざったいい匂いがした。

 正常にプレイをしてバックをお願いしたら「えーこのままがいいー」というのでそのままで終了した。みつこは「私 めったにやらないのよ。」と囁いた。彼女の眼鏡にかなった、ということにしておこう。

 バールームに戻るとマーサと単独♂2人だけ、皆帰っていた。マーサとセックスできるのかなとしばらく談笑していたが「時間でーす 終了」と従業員が宣言した、残念。

 帰り際単独♂と「マーサとできると期待したけどタイムアップですか。」と話すと「マーサは常連の単独♂としかやらないからねえ。」と教えてくれた。ま、仕方ない。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ