19歳でチョー恥ずかしい診察をした体験談

 診察で忘れられない体験があります(´∀`*) 19歳の時に海でクラゲに内ももからお尻を刺されて、海の家の応急処置では痛みが治まらなくて、家に帰ってから近所の皮膚科に行った時のこと

 自宅兼用の小さな医院で診察室にドアが無くて、しかも入口すぐ前に順番待ちの長椅子がある状況でした。レースのカーテンで仕切って中は見えないようにしてますけど、距離も近いし診察内容もダダ漏れ

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 男性2人が順番待ちしている時に私の番になって、頼りないレースのカーテンの中で40代後半の先生に症状を説明して、服を脱ぐことに下着姿で診察は終わると思ったら先生が下着も脱ぐように指示(´∀`*)

 結局全裸になってオバさん看護師にハイハイ早くって感じでせかされて、診察台に四つん這いに近い格好にさせられました。カーテン越しの 2人には私が全裸で四つん這いになってるのはバレバレ( ; ; )

 先生には刺されてない方のお尻の肉を無遠慮にぐいっって広げて、顔をアソコに近づけて診察されました(//∇//) 刺された場所を確認するために必要だとは思うんですけど、診察時間もなんか長い気がしました。

 その後看護師さんがガーゼと塗り薬を取りに廊下側のカーテンを勢いよく開けたんです(°_°)「えっ??廊下から丸見え??」四つん這いの自分の足元から男性 2人の足が見えたので(´∀`*)

 当然丸見えというか覗かれたというか(//∇//) お尻の穴もアソコのビラビラも(//∇//) 医者でもない見ず知らずの男性 2人に、

 今思うとオバさん看護師さんが私に意地悪した感じも無くはないです( ; ; )診察が終わってお会計するまでの時間がものすごく長く感じたのを覚えてます。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ