夫の浮気公認の人妻とセックスした体験談

 私は50代の男。ルックスは良いほうと自他ともに認めている。既婚だが、ふた月に一回ぐらいしかない。サイトで調べてあるカップルと連絡を取り合った。1週間ほど毎日メールのやりとりして、逢うことになった。

 男性50代、女の子のほうは30代でおとなしくて従順なタイプ。3人でラブホへ。男性の方はプレイには加わらず、トークしてから部屋の外で待機。その子は先に自分から脱いでバスルームへ。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 おとなしい子だが、そういう子ほどエロティックになることはよくある話だ。男性が先に湯をためてくれてたようで、一緒にバスタブへ。私好みのぽっちゃりしておっぱいが大きい子だった。

 お尻も大きい。気分が乗った。湯につかりながら、ディープキス。その子の方から抱き着いてきた。堅く立った私のアソコを握ってきた。私はおっぱいをしゃぶった。声を上げてきつく抱き付いてきた。

 ベッドに早く行きたいようで、浴室から出た。まずディープキスして、耳、うなじ、と舌を這わせ、たぷたぷのおっぱいへ舌を這わす。乳輪が大きく乳首が良く感じた。目を閉じてよがり声をあげた。

 うつぶせになるようにして、首から背中、そしてお尻を広げて舌を這わせた。アナルから蟻の門渡りを舐める。「ああああ!感じるうう!気持ちいいいいっ!」喘ぎ声が出たところで、仰向けにさせて、太股から大陰唇を唇と舌で刺激する。

 そしてビラビラとクリを舌を回して舐め舐め。「ああああ!!いいいっ!!ビンビンに来るくるうううっ!!!」毛をそったアソコをさらに舐めて体中に快感が響くように責める。

 その子は、もうトロトロ。ただおつゆの量は少なめ。それもまたいい。次に顔面騎乗位に持っていく。ま0こが顔に乗ってきて、顔がねっとり。空いた指で大きいおっぱいを揉んで乳首をつまんでくりくり。

 彼女、声を上げてたぷたぷの体を揺する。正常位にして。再度おっぱいを責めると、私のち0ぼをつかんで大興奮。そして舌の先でたっぷりクンニ。「きええええええっ!!感じるうううっ!!!」バックにして尻から挿入。

 その子も体を上下してピストンして感じまくり。正常位になって入れると、彼女から抱き着いてきてディープキッス。ち0ぼで円を描いてドッピュッとフィニッシュ。

 その子は私にギュッと抱き着いて昇天状態。一時間ほどかかったから、50代の私としてはロングタイムのプレイだった。ちょっとしんどさがあった。ぽっちゃりしたいい体の子は、体力が必要(苦笑)

 来月、また逢う予定。別れ際にもキッス。その後もずっと定期的に可愛がってほしい、とのこと。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ