私には淫乱癖があった体験談

 数年前まで小さな町工場の事務員をしていました。事務員は私一人で社長のほかに工員の男性が3人いました。その職場は残業が多く、疲れて応接セットのソファで仮眠をとっていました。

 そのうち太ももを撫でられる感触がありましたが、薄目をあけると50代のAさんでした。私はがっしりした体格のAさんが嫌いではなく、むしろAさんにいたずらされることを想像して、

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 日頃オナニーをしているぐらいでしたので、眠ったふりをしていました。Aさんの手はスカートの中に上がってきて、私のクリの辺りを指でなぞっていました。声がでそうになりましたが、必死で寝たふりをしました。

 おまんこからは汁が溢れてきて下着が透けるほどになっているのを自分でも感じていました。Aさんは太く節くれだった指を下着の横から差し入れて、膣穴から汁をすくってクリに塗りつけました。

 たまらず声を出してしまうと、Aさんは「やっぱり起きてたんだね、嫌ならやめるよ」と言いました。私が首を横にふると「じゃあどうして欲しい?」と聞かれました。

「もっとして」と言うと「何をどうしてほしいか言わないとしてあげない」と言われたので「おまんこをいじってください」と言うと私の下着を脱がせて、「クリトリスが大きくなってるね、びらびらが大きくて黒ずんでいて俺好みのスケベまんこだよ」と言われて嬉しくなりました。

 そのあとはクンニをしてもらい、亀頭の大きい太くて赤黒い肉棒で、たっぷりと突いてもらいました。Aさんに対して愛情はありませんがAさんのエッチのとりこになってしまいました。

 後日、このことが他の社長や他の工員さんにばれてしまい、全員と関係をもってしまいました。倉庫に呼ばれて、3Pしたことも何度かありました。

 数か月後に出会い系で彼ができて、こんなことを続けていてはいけないと思い会社をやめました。でも彼はセックスがあまり上手ではないのでAさんが忘れられません。

 今でも私から連絡をとって月に一度ぐらい会ってしまいます。車の中でおまんこを舐めてもらい、大好きなペニスをしゃぶらせてもらいます。

 Aさんに「車の中がひとみちゃんのおまんこの匂いで充満してるよ。この悪いおまんこにおしおきだ」、と言って50代とは思えない太くて固いペニスを突きたてられます。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ