バツイチの私が老人と体験したエロな事

 38歳バツイチの私なので、不倫と言う事では無いけど、私とは25歳以上年上の老人との体験です。その人とは去年の夏知人に頼まれて、週に2日掃除や身の回りの世話を頼まれて、軽いアルバイトと考え引き受けた事からです。

 会って見ると真面目そうな人で、安心した私でしたが、お世話をするのにも慣れた9月のある日に寝室の掃除をしていた時、ベットに横になっているその人にお尻を向けて屈んで、

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 足元の布団を直していたらスカートの中に手が入って、下着の上からお尻を触られていました。私もびっくりしてそのまま言葉が出ないでいるうちに、あそこに手が伸びて私も「何するんですか」と手を退けて、

 ベットから離れましたが、バツイチになって男の人付き合うこともなく、忘れていた感覚に本当はドキドキしてしまいました。次にお世話に行く日はスカートはやめようか悩んでいたけど、知人の顔もあるので何も無かった顔をしてスカートで家に行きました。

「この間はごめんなさい」と言われ「そうですよびっくりしました真面目な方だって思ったのに」「魅力的なお尻が見えてつい触ってしまった」「そんな褒めてもだめですよ」「久しぶり女性のお尻見たから」

「おばちゃんの見てもしょうがないでしょ」と話を止めて掃除と洗濯をしていましたが、私は褒められた気になって悪い感じでは無かったのも本当でした。

 寝室の掃除をする時はベットから離れてしていたけど、その人の視線は感じていました。すると「やっぱり良いね魅力的だよもう男として役に立たないのが残念だよ」「もう何言ってるんですかそんなに見ないでよ」

「やーごめんごめんつい見ちゃうんだよ」「おばちゃんでも恥ずかしいですよ」「男はみんな見るだけじゃなく手を伸ばしたくなるね」「そんな事言われませんよ」と言ったけど、してあれこれ言われると私も恥ずかしいと言うのかドキドキしていました。

「お願いが有るんだけど」「お願いってなんですか」「嫌だったら断っていいんだけど」「何をですか」「この前みたいにベットの所来てくれないかな」「えーそんな事」「ごめんごめん忘れて」そう言われて、

 私もなんだか少しかわいそうな気持になって「良いですけどちょっとだけですよ」とベットの所に行っちゃいました。見てるのは分かるし、私はこの間の事を思い出して体が熱くなってきたとき「だめだ我慢できない」と言うのが聞こえ、手がスカートの中に入ってお尻を触られていました。

 私はなんだか手を退けられずにいると、手があそこに当たって撫でる様に動くと、私も体がどんどん熱くなって手の動きに敏感になって腰が動いてしまいました。

 それが分かったのか、私は引き寄せられて手が下着に掛かり下げられると、手が直接敏感なところを擦る様に動き、私は四つん這いのまま手で口を押える事しかできませんでした。

「ごめんね男は役に立たないからこれで」その人は言うと、指が濡れてる所を探し当てて入ってきました。私は口を押えてたけどアーっと声を出してしまいました。

 5年ぶりの男の人との事で、忘れかけていたあの感覚を感じていました。次に家に行ったらその人も堰を切ったように初めから私を求める様になって、すぐに手を引いてベットに連れて行くと、私は裸にされて口と手での行為が続いています。

 私も我慢せずに行為を楽しんでしまう様になってます。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ