職場に補充した才女と思いがけない関係に

 私は45歳のバツイチ独身です。離婚後は、セフレや風俗で適当に性処理していました。会社では在庫/購買部門長で部下が22名、その内8名が女性です。海外発注業務をしていた女性が2ヶ月後に寿退社することとなり、人事に補充を要請しました。

 人材紹介会社から3名の紹介があり、私も面接に同席しました。最終的にSさんが採用となり、私の部下になりました。Sさんは、大卒37歳、TOIC830点の才女です。162cm 53kg バストはDカップ位の愛らしい女性です。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 退社する女性との引継も順調に進み、戦力として定着しました。職場では特に親しくしていた訳ではありませんでしたが、しいて言えば喫煙所でよく一緒になり雑談をしていました。

 ある時Sさんが、ポツっと言いました。「部長、独身なんですってね」「よく知ってるね」3か月程したある週末の日のことです。私は本社で会議を終え、恒例の飲み会がその日はなく、そのまま帰宅するところでした。

 乗換えの駅のホームで電車を待っていた時でした。
「部長、お疲れ様です」
「あれ、Sさんこそこんな時間まで、何かあったの?」
「名古屋営業所から緊急の発注依頼がありまして…」

「それはご苦労さま、お腹空いたでしょ」
「ええ、まあ」
「じゃあ、なにか美味しいもの御馳走するけど、どうかな?」
 単に残業に報いるべき提案でした。

「…はい、では、お言葉に甘えて」
「何が食べたいか、遠慮なく言って」
「では、お寿司でいいですか」「了解」

 私とSさんは、改札を出て繁華街に向かいました。お互い好きなものを食べながら談笑しました。Sさんは終始ニコニコで楽しそうだったのが印象的でした。プライベートな話題になっていきました。

「部長、もちろん彼女いますよね?」
「今はいないよ、Sさんこそ彼氏いるの?」
「いたら、金曜の夜に一人でいませんよ」

 なんかお互い探り合いをしてる感じで、妙な気分でした。楽しいひと時に満足し、寿司屋を出ました。
「部長、少しだけカラオケ行きません?」
「オイオイ、大丈夫かい?」
「全然平気です、行きましょう」

 ここで別れれば、それで終わっていた訳なのですが…。なぜか手をつないでカラオケに向かっていました。ボックスに入ると、Sさんは明らかに体を寄せてきました。Sさんが誘惑しているのが手に取るように分かりました。

 胸元から大きなオッパイを包むピンクのブラが見えました。私は葛藤の中にいました。Sさんは、私の部下です。もし、関係を持ってしまって会社にバレたら、お互い独身とはいえ、降格か左遷になる可能性は十分にあります。

 ここは我慢のしどころです。1時間唄って、「Sさん、こんな時間だし、そろそろ帰ろう」と提案しました。すると「厭です、帰りたくない」と言って抱きついてきました。

「Sさん駄目だよ、僕たちは上司と部下だよ」「部長、会社には絶対バレナイようにしますから」と言って泣きそうな瞳で見つめてきました。次の瞬間、私はSさんにキスしていました。私は覚悟を決めました。

 ラブホテルに入り、Dキスから愛撫、フェラチオ、69。Sさんの体は素晴らしく、フェラチオも濃厚で我を忘れて激しくセックスしました。ついに一線を越えてしまいましたが、不思議に後悔の念はありませんでした。

 いろんな体位でセックスしました。本当に久しぶりに興奮したセックスでした。Sさんも、何度も達したみたいで、満足していました。そのまま宿泊しました。

 次の日朝食をとりながら、今後のことを話し合いました。会えば会うほどに恋愛感情が高まっていくのは確実です。セフレとして続けるのか?もう会わないのか?お互い素直な意見を交換しました。

 結論として、交際は続けるが別れるときは綺麗に別れよう。でした。あれから、3か月。細心の注意を払い、月に数回会っています。なぜか結婚の話はお互い口に出しませんが、確実に深まっていっています。

 別れるのか、結婚するのか今はわかりません。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ