古い考えですが浮気未遂に自問自答する人妻

 34歳、結婚10年目の人妻です。社内結婚した夫と二人の子供に囲まれたごくごく平凡な主婦です。短大卒業して勤めた会社で主人と出合いました。短大時代はそれなりに男性とデートを何度かしましたがキスまででした。

 考えが古いかも知れませんが、自分の処女を捧げた相手と結婚したい気持ちがありました。それは母の影響で父が最初で最後の男性である母はその事を誇りに思っていて、私も母のように生きたいと無意識に思っていました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 入社して直ぐに一年先輩に告白されて、キスまでの付き合いでしたが、その一年後に結婚を約束してくれて一線を越えました。その後、結婚→出産→仕事復帰→出産となり、流石に二人の小さい子供の面倒を見て働くのは
厳しく退職して現在は育児専業です。

 あの事は一人目の子供が産まれて、職場復帰した2年後の30歳の時です。同じ部署に同期の竹田君がいて、気が合いランチに行ったり何度か二人で飲みに行ったりもしました。

 勿論、仲の良い同期としてです。酔った勢いで口説かれたりしましたが、竹田君も私が相手がいる事を知ってるので半分冗談の雰囲気でした。ある日に竹田君が実家の仕事を継ぐ為に退職する事を知りました。

「最後に美奈子と飲みたい!」と言われ一人目の子供が産まれてからは、飲む時間が作れなかったので私も最後は仲の良かった竹田君と飲みたい気持ちもあり了承しました。

 たまたま主人が東北へ出張だったので、子供を実家に預けて飲む事になりました。竹田君と思い出話に花が咲きました。

「俺は美奈子が好きだったんだぜ!笑」
「あはは・・」
「それが山崎さんと付き合って・・しかも結婚!参ったよ・・笑」

「私は一途なんです!笑」
「一途?笑・・ところで美奈子は山崎さんと付き合う前何人と付き合ってたの?笑」
「えー?笑」
「いいじゃん!同期のよしみ!」

「内緒だよ・・ゼロ・・苦笑」
「え?山崎さんが最初の・・?」
「う・・ん・・」
「俺が美奈子を先に口説き落としたら美奈子の処女は俺が・・」

「もー!やめてよ!恥ずかしい!笑」私も夜のバーで飲むなんて久しぶりで、かなりフラフラになりました。とにかく気持ち悪かったです。気がついたらとある部屋でした。

「あれ?ここは?」「俺の部屋だよ・・」引っ越しの準備で乱雑になっていました。「美奈子の実家分からなくてとにかくタクシーで俺の部屋に来たよ。」「そうか・・ありがとう・・」タクシーを呼んで帰らないと

 ・・と思った瞬間掛け布団の中の自分が下着姿になっているのに気がつきました。「あ!いや!どうして!?」「美奈子・・最後だから・・」竹田君は掛け布団を剥ぎ取りました。

 ブラジャーとストッキングそしてパンティの下着姿を見られました。「いや!」必死に両手で下着を隠しましたが当然隠しきれず竹田君に下着姿を見せてる状況に心臓はバクバクでした。

「美奈子の服の中やっと見れた・・」「竹田君!落ち着いて!・・」竹田君は構わず私の右足を持ち、つま先から足裏にかけて舐め始めました。「美奈子のストッキングはいてるこの足を何度舐め回したいと思ったか・・」

「ダメ!」「美奈子!俺は美奈子を抱く!俺が犯罪者になるかどうかは美奈子次第だよ・・犯罪者になっても悔いはない!」竹田君本気だ・・どうしよう・・でも竹田君を訴えて犯罪者に出来ないよ・・

 それに主人にバレちゃうし・・そうこうしているうちに、竹田君の舌が私の上半身を舐め回して来ました。「あん!・・」不覚にも声を出してしまった私。ブラジャーを外されておっぱいを見られました。

「いや!恥ずかしい!」「美奈子のおっぱいか・・やっと見れた・・乳首の色が綺麗だね。」主人以外に見せてしまった!乳首を吸われて頭がクラクラしていると新たな刺激が!

 竹田君の右手?指が私のストッキング越しのパンティの中に潜り込んで、私のアソコを触り出してました。「これが美奈子の・・濡れてる!」「いや!これ以上はダメ!」「美奈子のアソコ見せてもらうよ・・」
ストッキングとパンティが脱がされていきました。

「竹田君!許して!」パンティを脱がされると同時に手でアソコを隠しました。「美奈子のアソコの毛が見えてる・・」興奮してる竹田君ここだけは絶対に見せられない!「これ以上だと私、舌を噛みきって死ぬ!!」

「え!」驚いた竹田君・・「分かったよ・・」私から 離れて背を向けた竹田君。私は着替えを終えました。「美奈子、タクシー呼ぶよ・・」「うん・・」タクシーが来る間無言の二人・・あれから4年です。

 上半身愛撫とおっぱいを見られ乳首愛撫を許した罪の意識と、アソコを守った気持ちとで今も一線を越えたのか?自問自答です。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ