男とやりたくてしょうがなかった時期の体験談

 26歳の時、自分の性欲に歯止めが効かなくなってた時期がありました。職場でも2時間に1回はオナニーして、家に帰って彼氏がいない時はアナルとおまんこにバイブを挿れながら乱交のAV見て、

 シーツがびしょびしょになるまで欲求を満たしてたような感じです。愛とか恋とか関係なく、ただ気持ちよくなりたくて、出会い系で条件合う人を探しました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 それまでは一回り年の違うおじさんに、乱暴にセックスさせるのが好きだったんですが、奉仕されて気持ちいいことだけ考えたくなってました。彼氏が1回だけで終わっちゃう人だったので、少なくとも3回は出来る、おちんぽのおっきい年下。

 手当たり次第会って、試してみて、ベストなM男くんを2人見つけました。AVを大音量で流しながら、1人にはクンニをさせて、もう1人には足を舐めさせて。潮もおしっこも喜んで飲んでくれる子達だったので、なんの遠慮もなく、2人の人権など気にせずに、快楽だけを求める時間でした。

 生ハメが好きだったので、子宮の入り口で種付け射精を何度もさせました。イク瞬間に一番深く密着して、おちんぽの痙攣するのを膣で感じてうっとりして。おまんこから出る精液を綺麗に舐めさせて。

 言葉攻めなんかしません。無言で、気持ちいい時は喘いで、表情も気にせずイク瞬間は顔の筋肉が緩みきって。何も気にせず快楽を貪れる環境を作ってしまったので、ほぼ毎日、どちらかの男の子を呼びつけて性欲処理をしてました。

 最高の時間でした。現在は結婚して、遊ばなくなりましたが、旦那とのセックスの時はあの時のことを思い出しながら暗くした部屋でアヘ顔してます。

 最近旦那の仕事が忙しくなり、1人の時間が増えて、抑えていた欲求が漏れ始めてます。これを書きながらも、触ってもいないのに下半身が動くたびクチュクチュと音を立てて。

 性欲ってなんでこんなに増幅するんでしょうね。また新しいオモチャ、探さないと…

↓他のHな体験談を見る




ホームへ