モヤモヤを解消したくて男なら誰でもよかった

 一週間くらいえっちもオナニーもできなくてモヤモヤしてて、生理が終わってからもムラムラしていました。連休の最後の日、出会い系でえっちなおじさんを探しました。

 いっぱい気持ちよくしてほしかったので。40代後半というがっちり体型のおじさんとホテルに行きました。奥さんも子供もいるけど、若い子が好きだと言うおじさんはホテルに着く前から「体中を舐めたい」とか言ってて私もドキドキしていました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 今から、会ったばかりのおじさんとえっちなことすると思うとマンコが濡れてきていました。シャワーを浴びていたら「がまんできない」と言っておじさんが入ってきました。

 びっくりしていたら、後ろから抱きつきながらボディソープで体を洗ってくれました。おじさんのチンコも大きくなってて、ずっと私の体に当たっていて気になっていました。

 私もボディソープを手につけておじさんのチンコを触っていました。「自分からチンコ握ってえっちな子だね」って言われてドキドキしてきました。「えっちな子」って言われると、普段の私と別人になった気がします。

 おじさんがおっぱいを舐めているときもずっとチンコをさすっていました。先の方からえっちな汁が出てヌルヌルしてきていました。「硬くなってきた」って小さな声で言ったのも聞かれてて「チンコ好きなの?」って聞かれてしまいました。

 おじさんに促されるようにおじさんの前にしゃがむと、目の前のチンコを口に入れていました。「大きい」って思わず言って、口を大きく開けてチンコを咥えました。おじさんは「えっちな体だね」って、私の体をじっくり見ています。

「やだ、恥ずかしい」急に恥ずかしくなってマンコがキュンとしてました。「ベッドに行こう」とおじさんに言われ、軽く体を拭いただけでベッドに寝かされました。

 すぐにおじさんが抱き付いてきて、首筋から耳の裏あたりを舐めていました。くすぐったい、って一瞬ビクッとしたけど、すぐに気持ちよくなってきておじさんの背中を撫でるようにおじさんに抱き付いてしまいました。

 ゆっくり時間をかけて体中を舐められて、おじさんが私の股の間に入ってクリを吸っただけで大きな声が出てしまいました。いっぱい濡れてびちゃびちゃのマンコを舐められると、ピチヤピチヤと

 えっちな音がしてて、「濡れやすいのかな、それとも溜まってた?」と言われてしまいました。何回もイッて、私から「入れて、もう欲しいです!」ってお願いしていました。

「外に出すから」って言われて、おじさんはゴム無しで入れました。私はよくわからないまま、とにかく入れて欲しくて受け入れました。久しぶりのチンコに、私は入ってきただけで体がゾクゾクとしてきて、おじさんに抱き付いてイッてしまいました。

「まだ動かないで」ってお願いしたけど、おじさんは奥までチンコをグリグリと押し込むと、私の腰を抱えるようにして突いてきました。イッたばかりで敏感なマンコの奥を突かれ、頭の中が真っ白になるくらい何も考えられず、ただ気持ちよくて、声をがまんするのも忘れていました。

 おじさんも限界みたいで「もうイキそう」って言ったと思ったらチンコを抜いて、私の顔のところにきました。「えっ?」って思っていたら、おじさんはチンコを扱いてすぐに精子がドバッて出てきました。

 私は口を開けて口で受けようとしましたが、おじさんは気持ちよさそうに顔にかけてきました。最悪です。一瞬で醒めてしまいました。鼻や目にもかかって、髪の毛にもかかっていました。

 すぐにシャワーを浴びましたが、シャンプーもしないといけなくてたいへんでした。せっかく気持ちよかったのに、モヤモヤしたまま帰ることになって残念な気持ちでした。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ