美しい中年ウーマンに急かされ挿入

 化粧品セールスレディとのときめき。美しい丁寧な言葉、落ち着いた中年女性の物腰。田舎街には珍しい女性でした。とある駐車場で待ち合わせ、私の車に乗り合わせ助手席に乗る時のちらと見せる。

 ガーターベルト、ハイヒール美脚、花柄模様のスリップの裾、そして白いうなじそそられることしきりでした。名山の見えるモーテルについて、シャワーもほどほどに、ベットにもつれ込み揉みほぐし、ピンクの唇に舌を絡ませデープキス。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 右手で首を抱き、左手であそこを撫で擦るともう濡れ濡れ。喘ぎながら「貴方、早く頂戴~」僕も待ち切れず深く、浅く、回し入れたり、しごくこと数分、いきそうになるのがわかるのか、「まだ逝かないでね~」

「ゆっくりいじめて~、そこそこ! もっと強く~。いいわ~いいわ~逝きそう~。きて! きて~、貴方~! 来て~。ああいく~、そそいで~、私にそそいで~」

 扱き、舐め、すすり、なぶり味わいの官能の時が過ぎる。襟足の髪の乱れが艶かしい、小半時のあとシーツには淫ら愛の愛液がこぼれた。思わず心の底から快感が込み上げ射精した。

 果てた後、暫らくの抱擁が秘めた情交の想いいが…。今でも想い出すと心が疼き手が伸びるのです。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ