海外旅行で中年女性に声を掛けられた体験談

 一昨年、大学4年の時に専門必修の単位を落としてしまい、留年してしまいました。翌年9月その単位を取り、無事卒業しました。4月の就職まで時間があったので、一人で海外旅行に行きました。

 1か月近い自由気ままな旅の途中でした、団体観光ツアーでは絶対行かない小さな町のレストランで夕食をとっていました。隣のテーブルに日本人っぽい(韓国か中国かも)50歳くらいの女性がいました。(朝丘ユキジさん似のセクシーな女性)

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 しばらくして、彼女が日本語で話しかけてきました。「日本からですか?」これで当然、日本人とわかりました。あれこれと話してわかったのですが、彼女は政府関係の仕事で2週間滞在の最中でした。

 小さな町なのでかも知れませんが、偶然にもホテルが一緒でした。食事を終え、歩いて数分のホテルに帰り、それで終わるはずでした。彼女は僕の手を取って、「もう少し、飲みながら話そうよ、ねえ、良いでしょ」と言って僕を彼女の部屋に強引に連れて行きました。

 彼女の部屋にあったワインを飲みながら、しばらく話をしました。30分位して、彼女が急に僕の前に立ち、両手で僕の頬をグリグリするのです。そして、キスされ、そのままベッドに押し倒されました。

「お互い旅の思い出作ろう」みたいなことを言い、自分から服を脱ぎはじめ、僕の服も脱がされました。もうそれからは、男と女の絡み合いです。お互いの体を触りあい、なめ合い、感情が高まります。

 熟れた女体のとりこになりました。彼女も僕の体に夢中でした。30分近くそんなじゃれ合いをして、興奮が極限に達しました。フェラで十分硬直したペニスを彼女に挿入しました。最初は熟したマンコを味わうべく、ゆっくりと。

 次第にピストン速度が上がります。いやあ、熟女とのセックスが、こんなにもいいとは…。大量の精子を奥で発射しました。その夜は、もう一回セックスしました。裸で抱き合って寝ました。

 翌日、当初僕は別の町へ行く予定でしたが、彼女の強い要望で、滞在を延ばしました。特に観光すべき所もないので映画などで過ごしました。彼女は仕事を終え、夕方、昨日と同じレストランで待ち合わせ、昨日と同じように彼女の部屋で、熱い熱いセックスに…。

 その翌日も彼女は滞在を求めましたが、断りました。しかし、お互いの住所を聞いてビックリ!車なら15分位の近さだったんです。1万キロ以上離れたこの土地で、偶然出会ったのに、たった15分の近さ。

 申し訳ありませんが、その町の名前と、彼女の仕事に関する省庁は言えません。僕はそれから2週間近く旅を続け帰国しました。早速彼女に連絡し、会いました。

 それからというもの、時間を見つけては、猿のようにセックスを求め合い、実際にセックスばかりの日々です。僕にとって、初めての熟女です。とっても妖艶で、中毒になっていることは確かです。母のような女性との激しいセックスの日々です。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ