美人な上司は不思議なことに独身で美魔女

 34歳営業二課主任時代の話。当時、私の上司は42歳の女課長・山本由里子でした。42歳と聞いて若い人は「ババア」と言うと思いますが、とにかく美人で色気ムンムンの課長でした。

 銀座のママでも十分に通用すると言われてました。あんなに美人なのに何故独身?と色々噂になってました。レズ説、不倫説などなど・・そんなある日の6月営業先からの帰りが遅くなり、オフィスに戻ると課長一人がいました。

【PR】バレずにラクラク包茎矯正トレーニング!!男に自信がつきます。「PストッパーMサイズ」

 何故かとても寂しく見えました。流れで二人で飯になりました。課長のおごりで寿司を食べて、そのあとバーに行きました。「柳澤君は彼女いるの?」

「去年別れて・・40歳まで結婚出来るか?笑」
「うふふ・・やっぱり40歳まで結婚しないと色々言われるもんね。」
ヤバイ!課長は42歳独身だ!

「あ・・すいません・・」
「謝らないで。笑」
「でも課長は結婚出来ないのではなくしないタイプですよね?」
「どうして?」

「そりゃ・・美人だから・・」
「美人?8歳下の柳澤君に美人なんて言われて嬉しいな・・笑」

 酔って口が軽くなったのか、課長は話始めました。取引で知り合った、ある会社の部長と7年不倫関係で、その部長は「古女房とは別れる」と言い続けてましたが、娘婿から二世帯住宅を購入して一緒に住みませんか?

 と提案があり、娘とそして孫たちと暮らせる生活を選び、手切れ金300万で課長と別れたそうです。「気がついたら私、42歳よ・・情けない・・」帰り道「柳澤君が美人と言ってくれたからなんか元気が出たよ。笑」

「課長は大丈夫!僕だって抱きたいくらいです!笑」
「え?本気?笑」
「本気ですよ!憧れの上司ですから!笑」

 勿論ジョークでの会話と思ってましたが「だったら試してみる?」「え?」30分後、私と課長はホテルの部屋でした。初めて課長とのキス!私の舌入れに課長は一瞬躊躇してましたが、私の舌を受け入れてくれました。

「課長・・」「柳澤君・・前の人を忘れさせて・・」夢中で課長のブラウスを脱がして愛撫。白を基調とした洒落たデザインのブラジャー!推定80センチの色気を発散した胸の膨らみ・・ブラジャー越しにモミモミ。

「ああ・・」脇はエステでツルツルでした。「綺麗な脇だ・・」舌を這わすと課長の体がビクッと反応しました。課長の白い肌を舌で楽しみブラジャーを外しました。小ぶりですが形の良い乳房と年齢を感じさせないピンクの乳首!

 これが美人と評判の課長のおっぱいか・・「課長のおっぱい・・やっと見れました・・」「え?ずっと見たかったの?笑」「はい!課長のスーツの中を想像して何度も一人エッチしました。」課長の可憐な乳首にはげしく吸い付きました。

「あん!あああ・・」喘ぐ課長。タイトスカートを脱がすと、薄いベージュのストッキングに包まれた下半身です!パンティはブラジャーとお揃いの白!!

 オフィスや飲み会で何度もタイトスカートの奥を見ようとチャレンジしてましたが一度も見ることが出来なかった課長のパンティ!!たまらない!お色気ムンムンのストッキング越しのパンティ!

 太ももからつま先までストッキングをべちょべちょにしながら愛撫!つま先はスカイブルーのペディキュアで飾られていて、とても艶かしく見えてつま先をしゃぶりました!

 ストッキング越しの少し蒸れたつま先の匂いと、スカイブルーの色合いのアンバランスに興奮しました。部下につま先を舐められ課長は狼狽してそして興奮してました。

「あ!柳澤君!そんなとこ・・あん・・汚い・・あん・・ああん・・」ストッキングを脱がし遂にパンティに手を掛けました。その中には淫靡な黒草とそしてネチョネチョのピンクの肉の門が・・これが課長の・・

 こんなオマンコしてたんだ・・・「柳澤君・・そんなに見ないで・・」顔面を押し付け舌でクンニ。「あああああ!ああ・・」この日一番の喘ぎ!!そして一つになりました。

 それから2年です。課長は母親になりました。父親は頼りない私です。笑

↓他のHな体験談を見る




ホームへ