都内にて三組で乱交して遊んだ夜の記憶

 僕、妻、Aさん、A子さん、Bさん、B子さん。夜9時過ぎにホテルエレベーター前でAさん、Bさん、Bさんの奥様B子さんが待っていた。部屋に入るとAさんの奥様A子さんはバスローブ姿。

 みんな旧知の仲なのでしばし歓談。Bさんご夫婦は最も回数遊んでいるが久しぶり。Aさんたちとは○袋で2回、品○でも1回は遊んでいる。でも品○でのことは忘れている模様。A子さんが「私とエッチした?」と尋ねてきたが、したと思うよ(笑)

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 Bさんたちの後でシャワーを浴びる。ベッドの掛け布団を2枚床に敷いて準備。キャミソールの上からB子さんの胸を触り、ベッドに誘うと、寝そべった僕のパンツにA子さんも近づく。

 A子さんが「もう大きくなってる」と言う。妻が僕にキスし、後ろに回る。B子さんが僕のパンツを下ろしてフェラし、A子さんも一緒にちんぽを触る。妻は僕の乳首を触りしばしのハーレム状態。

 A子さんがベッドに残ったので、赤いガーターベルトからパンティを抜き取る。ちなみにブラジャーも赤。しばらくクンニしていると「ゴム付けていいですか?」とA子さんが言う。

 そういえばA子さんは生でしゃぶることはしないのだ。ゴムフェラから正常位で挿入するとすぐ声をあげた。A子さんはちんぽを入れたままで何度もイク人だ。その声は大きい。

 床にいたBさんから離れた妻を呼び、A子さんとのキスを見せつける。接合部分を妻に触らせると、妻は切なそうに感じた顔を見せた。

 隣のベッドにA子さんの手をつかせ、バックで挿入。妻はAさんに後ろから挿入されながらA子さんに自慢のおっぱいを触られていた。シャワールームで妻と汗を流し、鏡の前でバックでセックスする。部屋と違って煌々と明るい。

 長くならないうちに、部屋に戻らないと。B子さんにクンニしつつ床に移動して横向きで69状態に。「入れたくなったら言ってね」と言うとそばにいた夫のBさんもそうするよう念押してくれる。

 いつのまにかB子さんがBさんのちんぽを口に咥えていたので、動きを邪魔しないよう正常位で挿入する。しばらく3P。のちB子さんと二人で正常位のセックスを続け、おまんこの中で射精した。

 B子さんはその時必ず一緒にイク人なのだ。妻の両方の乳首をAさんと二人で舐める。A子さんがAさんに騎乗位で挿入しながら僕を引き寄せ激しくキスしてきた。

「別の男とキスしながらご主人のちんぽを入れてるんだね」とわざと言うとA子さんは興奮して激しく腰を振った。妻はAさんから長い時間クンニされ続け、僕のちんぽを咥えた。するとキスする僕とA子さんで4人が輪のようにつながった。

 少し離れたところからふたつのベッドでBさん夫婦のセックスと、妻、Aさん、A子さんの3Pを眺める。見ているとまたちんぽが硬くなったので、ゴムをつけ、A子さんにフェラしてもらう。そのまま床に移動し、正常位でA子さんに再度挿入、A子さんまた何度もイった。

 今度は射精することなく終了。しばらくグッタリしたA子さんの背中やお尻にキスをする、ぐしょぐしょのおまんこも舐めるが、なすがままで全身ピクピク震えていた。

 先に服を着て休憩しつつ他の人達の様子をうかがう。用意されていたプリンをいただきながらBさん夫婦の営みを近くで見ていたら、その様子がおかしかったのか、A子さんが僕を見て笑った。

 そろそろ皆さんに帰る旨を伝えなければならない。その頃11時20分になっていた。妻がシャワーを浴びている間、Aさんに今日のお礼を言う。定宿だからか、会費など取ってくれなかった。

 落ち着いたA子さんは「恥ずかしい」とか言ってたが、何をいまさら(笑)部屋を出ると11時半過ぎ。金曜日だからか帰りの電車は大混雑。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ