嫉妬は夜の夫婦のカラフルなスパイス剤

 若い頃は、結婚するなら処女が良いと思った。大学時代に処女とヤリたくて、ブスではないが好みではなかった手近な女子高生に手を出してしまった。 セーラー服着せてハメるとそれなりに萌えたが、完全い性欲処理。

「可愛いよ」なんて言いながら、セフレとして調教した。最終的には、セーラー服着たままM字開脚してオナニーする動画を撮らせるまでになった。大学卒業で別れる時に泣かれて、その時ばかりは俺も涙しちまった。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 今、40歳になってるけど、幸せかな?あの女子高生のおかげで、処女に拘らなくなった。処女よりも、好きかどうかが大事だと分かった。好きになった女が非処女でも、元彼に抱かれた過去は消せないから、それを楽しむしかない。

 妻は美人だが処女ではなかった。もっとも、総務課のマドンナ社員だった妻が彼氏と別れたらしいという情報を聞きつけ、数人のライバルを蹴散らして付き合ったから、処女でないことは知っていた。

 だから、妻を抱いているときは、彼女は過去の元彼の誰かに抱かれた時を思い出してるんじゃないかなんて考えて、嫉妬で燃えながら腰を振っていた。そうすると、まるで高校生みたいにカチカチに勃起して、

「凄く気持ち良かった~~。毎日抱かれたいくらいだわ。」
「じゃあ、結婚するか?」
「うん!」
俺29歳、妻25歳で結婚した。

 結婚して15年過ぎた今、勃起力が物足りない時は、「昔の元彼のチンポがオマンコを出入りする感覚を覚えているか?」と言ったりすると、「アアアッ!昔の彼のチンチンでガンガンされたの覚えてる~~」

「昔の男のカリでオマンコを引きずられて、気持ち良過ぎて頭が真っ白になってたんだろ?」
「そうよ。引きずり出されて感じちゃってたのよ~~」
妻も俺が嫉妬すると、カチカチに勃起するのを知っているから、話に乗って来る。

 卑猥に腰をくねらせて悶えるその姿は、元彼に抱かれていた妻の姿だ。イキ乱れた後、「あなたのチンチンが一番なのよ・・・元彼のも覚えてはいるけど、チンチンはあなたが一番なんだからね。」と言って抱きついてくる。

 40歳になっても可愛い奴だ。あ、妻とあの女子高生は同い年か・・・

↓他のHな体験談を見る




ホームへ