大学生のスノボ旅行のバス中はエロ前提

 現在、大学2回生。この前、ゼミの仲間(男3、女3)で、信州にスノボー旅行に行ってきた時の話。スノボ旅行はバスで行ったんだけど、バスっていつも夜出発だし、なんかテンション上がるよね?

 旅行会社の受付待ってる時も、可愛い子いないかな?とか探してたら、実際に可愛い子居たらするし…暖笑 そんなこんなで、俺たち6人はバスの1番後ろの方の座席だった。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 1番奥の最も左奥から、女友達M、オレ、真ん中は空きで、その右に男友達T、1番右奥が女友達のA。その男友達Tが、かなりヤンチャな奴で、ムードメーカーでもあるんだけど、1番はしゃぐし、周りの人から注意されないか、常にヒヤヒヤ…(^_^;)

 バス内では酒も飲んだし、ある程度はしゃいだ後、TとAはスヤスヤと夢の中へ。。。時刻は夜の1時過ぎ。。バス内も照明が消され、周りが静かになっていた。

 オレは左隣のMは雑談ばかりしていた。Mは、見た目は可愛い方。しかし、なんというかかなり男好きというか、とにかく普段からいつも男グループの中に居る、、そんな子だ。

 正直、おれはそこまでMと喋った事はなく、この日バスで隣になって始めてMの生い立ちや過去の話を聞いたりしてた。オレは、そこまでYを意識はしていなくて、話も正直あまり興味がなかった。

 オレはMが話す事を、「フーン…フーン。。」と、ずっと軽く受け流す感じだった。そんな中、Mがオレの腕にもたれかかってきた。オレは、えっ!何? これって、、なんかカップルみたいだな。。。

 しかし、Mの中では、これもただのコミュニーケーションなんだろうか? そんな事を頭で考え、オレはなんだか悶々としていた。当時、彼女もいなかったオレには、刺激強過ぎなんですけど。。。

 普通にオレの腕に寄り添ってきてるから。そんな事されたら、、オレのアソコは徐々に硬くなってきていた。その時、おれはジャージだったが、小さめのジャージだったので、その形はすぐに分かるものだった。

 そして、それをMはすぐに気づいたようで、なんとMは、オレの硬くなったアソコを触ってきたのだ。勿論、まだジャージの上からね。オレは、!!! ビックリして、声も出なかった。というか、ドキドキしてた。

 Mもニヤニヤしているが、無言で、オレの股間をさすっていた。しかし時間は既に夜の1時半。バス内は真っ暗で、周りも皆、スヤスヤと睡眠中。まだ起きてるのは、俺たち2人だけなんじゃないかと、いうくらいの静かさだった。

 Mはオレをおちょくるかのように、股間を触ってくる。そこで、オレは反撃に出た。その反撃とは、Mの胸を触った事。いつもなら、ダメだろう。が、今なら。。しかも、元々Mから仕掛けてきた事だ。

 オレは、ムニュ暖とEカップほどあるMの胸を触った。Mの胸は、かなり柔らかかった。Mは、小声で、「アンッ暖」と、声を漏らした。おい!と思ったが、セーフ。オレは小声で、「そんな触りたいなら、、生で触ってみる?笑」と、Mの耳元でボソボソと呟いた。

 すると、Mは「うん暖笑」と、二つ返事。笑 ここで火がついたオレは、周りは皆寝ている事を再度確認したあげく、ジャージから、ビンビンに勃ったアソコを、Mに見せた。

 M「小声(やっばぁ(//∇//)超、おっきぃ~暖笑)」と、大興奮。そして、これがK(オレ)のかぁ、という目で、ジロジロと大きくなったオレのアソコを眺めている。

 オレ「小声で(溜まってんだよね~。笑)」すると、Mは少しフフフと笑い、M「小声(じゃあ、処理したげよっか?暖笑)」オレは、コクッと頷いた。すると、Mはパクっと、オレのアソコを咥えだした。

 いや~Mのフェラはエロかったなぁ。フェラされて5分も経たずに、イッちゃったし。その後のオレとMの関係は、お互い別の彼氏・彼女持ちだが、たま~に、2人でも会ってヤッてる。いわゆるヤリ友?セフレ?そんな関係です。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ