変人達に囲まれたアパート生活の告白

 上京した時に、ネットだけで、下見せずに入居したアパートが酷かった。駅近くで便利だけども挨拶周りして驚いた。ほとんどが、水商売の人達だった。まずは右隣に挨拶しました。

 隣の熟女の人が、下着姿でお出迎えされました。「タオルなんかよりもお兄さんのここで挨拶してよ。」って玄関からそのまま奥の部屋に誘われた。いきなりズボンとパンツを下ろされて、ちんこを舐められた。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 若い僕には、妖艶な熟女のペースで、そのままベッドに押し倒された。ゴムも着けずに馬乗りされて生クリーム挿入のままに中だしをしちゃた。あつけなく終わった時に、「ごめんなさい。避妊もせずに僕は、ごめんなさい。」って謝った。

「若いから速いね。たっぷり出したね。今更子供できない身体だからさあ気にしないでね。もう一度できる?」って抱きつかれてキスされました。当時は、うぶな青年だったので、真っ赤になった。

「あっ、いやあぁ、また来ます。」ってお礼を言って部屋に戻った。直ぐシャワーを浴びた。身なりを整えた。次は、左隣の部屋に挨拶に行った。隣は、留守だったので真上の部屋に挨拶に行った。同い年位の男性だった。

 少しなよなよとした男性で、やたら僕の股間を見ていました。「ちょうど朝ごはん出来たんです。一緒に食べませんか?」って誘われた。いきなりの食事に招かれた。「いやぁ、そんな悪いですよ。」って断った。

「パパが、朝早く帰ったので、余ってしまいました。なので遠慮せずにどうぞ。」って、実の父親って話しぶりではない事に寒気を感じた。部屋には、女性の服が、ズラリと見えた。

 かなり強引な誘い方に、根負けしました。まぁ朝食は、まだだったので、「お言葉に甘えて、馳走になります。」って、上がった。「タバコ吸う?」って灰皿も出す気配りは、素晴らしい。

 タバコを吸いながら、出されたアイスコーヒーをを飲んだ。ソーセージと卵焼きの簡単なモーニングをご馳走になった。「私ソーセージが、大好きなんですよ。このぷりぷり感覚が、大好きなんです。」って食べるしぐさが、かなり変わった食べ方だった。

 ソーセージを舐めながら、くわえて口から出し入れしているんです。変な食べ方です。
「パンは、何つけますか?」って聞かれた。
「あっ、バターを」って答えた。
「ガチャン」ってトースターから焼き上がったパンに、バターをぬってもらった。

「このバターが、溶けてぬるぬるって感覚ってエッチよねぇ?とてもいやらしい。」って顔を真っ赤になっていました。「焼きたてのパンに、冷たいバター塗れば普通でしょう。別に普通ですよ」って答えた。

 変な会話をしながらの朝食は始めた。その間に僕の口元をじっと見つめるんです。ソーセージを食べる時には、「ああーん、もっと優しく食べてよぅ。」とかコーヒーを飲む時には、「ごくつって飲み干しですくれるんですね?」とかは、とても食事時に会話ではなかった。

 かなり気持ち悪いけれども、なんとか食べ終わった。「ご馳走さまです。」って一刻も早く逃げ出したかった。玄関に送られた時には、「今度は、お兄さんのソーセージを」って言われた時には、「失礼します。」って逃げた。

 部屋を出て、直ぐ自分の部屋に避難しました。危ないなぁ、上の人もかなり変わった人だ。左隣の人の後ろ姿が見えた。ちょうど帰ったタイミングです。急ぎタオルを持ちお隣のチャイムを鳴らす。

「ハーイ(-o-)/」って、鎖つけのドアが少し開いた。当時のアイドルの髪型の女の子です。「隣に引っ越してきました。」って挨拶しました。直ぐドアが開き手をひかれた。

「入ってください。ちょうど着替える所だったの手伝ってくださる?」って言われた。「えっ、はぁ。」って答えた。「背中のファスナーを下げてくださる?」って言われた。いきなり初対面の女の子に、頼まれた。

 すらりとブラウスが、脱げるとピンク色のお揃いの下着が見えた。細身だけども、素晴らしい身体にちんこが、暴れた。「まぁ、若者は元気ね。最近出している?」ってちんこを触られた。

 僕よりも少し年上か?右側の熟女よりは、全然若い女性です。「あっ、さっき出している。」って答えた。「えーえっ、無精するほど貯めていたんだ。可哀想な息子さんね。

 お姉さんが、面倒見てあげる。」ってまたズボンとパンツを一気に脱がされた。「いただきまーす。」って生ちんこをパクってくわえられた。「さっきの熟女と同じには、危険なので、僕はあのぅ槌」って小さな声で、モゴモゴって恥じらう。

「あっ、速いんだ? ならばゴムつけて少しでも頑張ってね。いらっしゃい。」ってベッドに誘われた。仰向けに寝かされて、口にゴムをくわえて器用に被せられた。「さぁ、私を好きに抱いてね。引っ越しのお祝いですよ。」ってプラジヤーを外す。

 凄く大きなおっぱいだった。甘える様におっぱいにかぶりついた。「あっ、君まだまだ女性経験少ないんだ。大丈夫少しずつお勉強していきましょう。」って頭を撫でられた。パンティーを脱がす手が震えた。

「本当に可愛い男の子が、お隣なんだ。嬉しい。戸々は、こんな感じよ。」ってお姉さんが、まんこを見せてくれた。「ああーぁ、ヤバい。」って速くも、ちんこが「ピクピク」って動いた。

「でちいそう?ならばそのまま入れてみてね。」って誘われた。ゴムもつけてるから安心して、お姉さんの股にちんこを当てた。「あっ、そこ違う。もう少し上よ。」ってお姉さんの柔らかい手にで、ちんこを握られまんこのひだにちんこを導いてくれた。

 ひだをこじ開けて、ちんこを挿入しました。「そのままゆっくりと入って来てね。」って言われた。ゆっくりとちんこを、挿入しました。ゴムに守れているんだけども、暖かい膣の感覚に凄く興奮しました。

「大きな雁に広げられるって、久しぶりよ、思ったよりも竿も長いんだ? その調子で、ずっと奥迄入れる。この固さたまらない。」って締め付けを与えられた。「あっ、ダメ、出ちゃう。」って射精してしまった。

「あらあらぁ、凄く敏感なんだ。」って優しく抱きしめられた。「大丈夫毎日練習あるのみよ。」って頭を撫でられた。このお姉さんとは、ほぼ毎日セックスする関係になりました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ