アメリカ在住でちょっとおもしろい体験したの投稿

 俺は、現在アメリカのカルフォルニア在住の39歳のリーマンです。特に海外勤務だからといってエリートとかでもなく、ちょっと英語が話せるだけで小さな貿易会社の平社員っていうとこです。

 きっとアメリカ住んでる。っていうところを除けば、俺なんて普通のオッサン予備軍だと思ってくれてかまいません。俺(独身)の住んでいるところはカルフォルニアにある小さな雑居ビルというか、

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 居住地域なので雑居アパートかもしれない。日本風に言えば6畳~7畳くらいのワンルーム。部屋の内装は、日本みたいに入居する前に不動産屋がリフォームかけるとかいう文化がないので、

 前住人の生活痕である、タバコのヤニが壁紙にへばりつき、ポスターの跡やら、冷蔵庫の跡なのがじっくり残る、とにかく汚い部屋に住んでます。

 ただ、日本ではないかな。っていうのが、こんなボロアパートでも、いちおう階層は13階。普通、日本の13階建てと言えば、それなりのマンションをイメージするが、このアメリカという多民族国家では、

 こんなボロアパートを借りたい人種は沢山いるもので、とにかく階層だけが高くなる。という不思議な現象がある(日本ではこのランクだと5階建てが限度だと思う)

 とにかく、今日話したいのは、別に俺の生活環境じゃない。この前、ちょっとおもしろい体験をしたんだ。なので聞いてほしい。というか読んでほしい。

 このカルフォルニアの辺鄙な街に越してきた俺は、今年でもう8年になる。この8年はこれと言って女遊びもすることもなく(相手は金髪美女ばかりなので、背の低いアジア人の俺なんて誰も相手にしてくれない)ただひたすら、仕事だけに生きがいを感じ、そしてひたすら貯金をしてきた。

 そんな俺でも趣味というものはあって、それはオンラインゲーム。といってもなんでもやるのではなく、俺はFPSという銃を使った対戦ゲームに俺はずっとハマってた。

 しかも、普通の日本で考えるFPSじゃなくて、俺は本家のアメリカ産のFPSをするので、面白さもハマり具合も半端じゃなかったことだけは言えると思う。

 俺は自分でも銃マニアだと自負しているし、日本にいる学生時代からずっと、マルイの電動ガンからモデルガンまで、そういうのをコレクションして楽しんでいた人間だった。(ロッケンのガバも持ってるよ。といえば、どれだけ銃マニアか、わかる人にはわかるだろうと思う)

 それが銃の国、アメリカに行ってからは、(一緒に行ってくれる彼女はいないけど)週末になれば射撃場へ行って自分の射撃シーンの動画などをとって、youtubeにUPしたりする、そんな事が好きな人間だった。

 結果、そんなことをしているうちに8年が経った。しかし、銃マニアの俺でも、ひとつやらなかったことがあるんだ。それは「サバゲー」サバゲーっていうのはやったら面白い。っていうのはわかっていたけど、俺にはどうも、納得できない点がひとつあったんだ。

 それは何かというと、いい年した大人が、あんなおもちゃのピストルで、パスパスパスっていう情けない音を出してBB球を撃つ。というその行為について。

 銃マニアである俺は、実銃を撃った事があるのはもちろんの事、分解組み立てとかもけっこうスキでやっている。そんな実物思考の俺が、いまさらBB弾鉄砲をもって、フィールドに出るのもなぁ・・・。

 とずっと乗り気にはならなかったんだ。銃というのは、薄暗く狭い部屋で、じっくり一人、妄想を相手に楽しむもの。って俺は決めてたんだ。

 だから、俺はあんな子供の遊びのようなサバイバルゲームというものには一切今まで参加しなかったの。が、ある日、俺がいつものシューティングレンジ(射撃場)に行った時、その時に6年位のつきあいになる、

 ランバードっていう40くらいのオッサンが、「ケンジ(俺)今度、面白い企画があるんだけど、参加しないか?」って誘ってきたのだった。

 俺が「何よそれ」と聞くと、そのランバードが言ったのは、「今、もっとも新しいゲームなんだよ。俺も参加するんだけど、お前も一緒にやろうぜ」というので、「だからなによ?」というと、、、、

 もしかしたら、知っている人は知っているかもしれない。100人参加の生き残りサバイバル。っていうゲームのカテゴリ。知らない人の為に一応解説するけど、最近、PCゲームとかスマホアプリとかで、1

 00人がある孤島へパラシュートで落下し、そこから物資を自分で集めて最後の1人になるまで殺し合いをする。という「バトルロワイアル」というゲームが流行っているんだ。(むろん、俺は知ってはいるけど、やったことない)

 さすがアメリカ、その流行りのゲームスタイルを、実際にリアルでやってみようぜ!というそんな企画があるというのだった。まぁ、誘ってきた相手がランバードじゃなければ、そんな話も俺は断っていた。

 しかしランバードは俺の親友というか、本当に面倒見のいいやつで、俺はこいつが不器用を絵に書いた黒人だけどコイツがもつ性根の部分が好きだった俺は、「まーお前が参加したい。っていうなら俺も付き合ってやるけどよ」と、そっけなく答えたつもりだったんだ。

 そして俺は、そのリアルバトルロワイアルの話を詳しく聞いたのだった。すると参加費用は44ドル(今の日本円で5000円くらいだと思う) 服装は自由。ただしペイントボールの競技銃を使う事。

 ルールは、被弾したら一発リタイア。ゲームの場所はカルフォルニアにある山岳地帯の公園(公園っていっても、アメリカの公園の広さはハンパないぞ)参加者はこれもセオリー通り、100人で締め切り。というのだった。

 といってもなんといっても、その主催者の方針である。1位、2位、3位には賞金が出るというのだった。(ちなみに1位は15万円ね。)ただ主催者は、男女がコミュニケーションをとれる場にしたい。

 っていう事で、男50名女50名に先着順で絞っている。というのは聞いた。そのランバードは、主催者が知り合いだ。ということで、優先して入れてくれる。とも言っていたのだった。

 俺は「じゃ、参加してみるか。でも、俺はペイントボール銃なんてもってないぞ。」と言ったらそこはランバードが「俺が買ってやるよ」と言っったのだった。

(ペイントボール銃は日本ではMP5という銃で約5万程度 本家アメリカでは7500円くらいで買える。ビジネスにつなげやい人はぜひ、やってみてくれ)

 それから俺はこのランバードと一緒に、その企画に参加する事になるのだが、ただでさえ、露出の高い国アメリカ。そんなアメリカで、さらに「マニアックな人間しか参加しないゲーム」に参加した事によって、

 俺は本家アメリカが持つ、エロに対するルーズさ、オープンスタイルの真骨頂を味わう事になるのだった。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ