美人な熟女の身体は俺のものという優越感

 めちゃくちゃ美人な熟女。同居中レス彼氏の浮気が発覚したそう。そこで、彼女を誘い出す。彼氏の夜勤中に家を抜け出し、ホテルへ。会ってみたら予想以上の美人!!

 おい!こんな彼女を抱かない男なんているのか??まずは車中でディープキス。欲求不満が溜まってるのか、唇を絡めて舌を吸ってくる。エロい。半開きの口に出したい。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 ホテルに入ってすぐに固くなったモノを押し付け、彼女をまさぐるとブラをしておらず。脱がせると白のキャミソールにTバッグ。たまらない。全身舐め回し、すでに彼女のアソコはビショ濡れ。

 透けたキャミソールから綺麗な身体。とても50近いとは思えず。目がトロンとしてきた彼女の胸を愛撫、指をTバッグの線になぞり、はぁ~んと声を漏らす彼女。脇から指を入れ、グジュグジュの秘部を優しく触り。

 求める彼女にモノはどんどん硬くなる。彼女のアソコが俺の指に吸い付き、激しく手マンすると潮吹きして果てた。我慢できなくなり、脇から挿入。美人熟女が声を上げ、気持ちいいか~っっと。アンアンアン言って俺のチンコを突き上げた。

 それから彼女が上になり、腰を揺らし回して激しく動き俺の上でまた果てる。耳元でいっちゃったと言う声が可愛くてたまらない。それから、バッグで尻を上げて悶える彼女。

 すぐにイキそうになるのを我慢。正常位でフィニッシュ。彼女のアソコから俺の白い液体が溢れて出てくるのを確認して彼女に舌を絡めた。夜勤中の彼氏にバレないようにと急いで帰る彼女に寂しさを感じるものの、彼女の身体は俺のものという優越感。

 彼氏さんごちそうさまでした。彼氏さんが抱かないみたいだから、おかわりさせてもらいます。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ