朝の同じ通勤電車で通勤する美人な先輩とのエロ話

 同じ会社といっても、支店が違うので向こうはたぶん自分の事を知らないと思いますが、同じ通勤電車を使う先輩がいます。身長は160cmぐらいで肩より少し短い髪に細めの身体、クリッとした大きな目がとてもかわいい女性です。

 通勤以外では、会社のスポーツイベントや旅行で年に数回ぐらいしか会う機会がないのですが、彼女いない歴=年齢の私にとって理想的な女性と勝手な妄想で思い込んでしまっている女性です。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 たまたま時間より早く駅に着いて乗り込んだ車両に先輩が乗っていたのをきっかけに、それ以来、なるべく早起きしてその車両に乗るようになりました。

 はじめはドキドキして近くに行くことを遠慮して、遠くから眺めているだけで満足していたのですが、なんだか物足りなくなり、少しずつ近くに行くようになりました。

 それでも目が合わないように後ろから眺めていました。ある日、他の乗客に押されて先輩の斜め後ろで4区間を乗ることがあったのですが、先輩の髪や身体からとてもいい匂いがしてきて最高の通勤時間を過ごすことができました。

 思春期の頃から女性の匂いに敏感になり、匂いだけでエロい妄想が膨らみ勃起したりオナニーしたりしていました。先輩の匂いは強すぎないほのかな匂いでした。

 電車が揺れると必然的に私と身体が触れ合うのですが、完全に勃起していたので先輩に股間が当たらないよう、背を向けるポジションになり、お尻とお尻が当たるようになりました。

 全神経をお尻に集中して、先輩の体温とお尻の柔らかさを感じていました。私より手前の駅で先輩が降りるまで、痛いぐらいに勃起してしまいカバンで隠していました。

 そして電車を降りてトイレに行くとパンツの股間部分が我慢汁でシミになっていました。それから次第に図々しさが出てきて、なるべくいける時は先輩の近くへ潜り込むように行くようになりました。

 真っ正面に立った時にはやや横向きになり、押されたときに腕や肘に胸が当たるように立ちます。成功率は少ないですが、2度だけ先輩の胸が当たりました。大きい胸ではないのですが、童貞の私には胸の感触だけでイッてしまいそうなぐらい興奮します。

 さらにエスカレートしていき、先輩のお尻に股間を当てたこともあります。会社の同期の女の子のSNSを辿り、先輩のアカウントにたどり着き、先輩が写っている写真を片っ端から保存しました。

 大学の同期らしい女友達と写っている結婚式での肩の露出したドレス姿が最高のオカズになりました。そんな先輩が私の上司と以前付き合っていたことを知りました。

 特別イケメンだったり、遊び人というわけではないのですが、男から見てもモテそうなタイプです。普段からよく喋るのですが、酒が入るとずっと喋っていられるのです。

 私ともう1人の同僚と3人で飲んでいる時に、突然上司から先輩の名前が出てきてビックリしました。同僚は先輩の名前を知らなかったのですが、写真を見せられてわかりました。

 2人で撮った何気ない写真をいくつか見せてくれていたのですが、男だけの酒の席での話しなので自然と卑猥な話になり、先輩の性感帯やフェラのテクニックなどを勝手に喋りだしたのです。

 上司によってかなり仕込まれたらしく、フェラの時は唾液をたっぷりつけてタマやアナルまで丁寧に舐めさせていたそうで、最後も必ず綺麗にお掃除までしてくれるみたいです。

 先輩は、クリトリスが弱くて指先で擦られたり電マで責められるとすぐにイッてしまったり潮を吹くそうです。私は先輩のそんな姿を想像して居酒屋で勃起してしまいました。

 さらに上司は先輩の下着姿の写真を見せてくれました。恥ずかしがりながらも笑っている先輩の下着はごく普通の下着で身体も細いのですが、知っている人のプライベートな下着姿はとても興奮しました。

 さらにSEX後に寝てしまった先輩の裸の写真を見せてくれるという事でしたが、交換条件でソープに接待しろと言われました。同僚は手持ちのお金がなくて断りました。私も自分と上司の2人分のソープ代は持っていませんでした。

 帰り道に上司と同じ方向へ歩きながら、どうしても写真が見たくて、上司のソープ代を出すので、代わりに自分のLINEに写真を送ってもらうよう交渉しました。無料案内所へ行き、上司はアルバムの中から自分の好みの女の子を選びました。

 結果的にかなりの出費になり、足りない分は上司に立替えてもらい翌日に払うことにしてもらいました。自宅に帰り風呂に入っていると、ソープを楽しんだ上司から写真が送られてきました。

 最初は寝顔から始まり、電車の中で感触を楽しんだオッパイは寝ているので形はペチャっとしていましたが、上司にたっぷり舐められた後の濃いめの色をした乳首が生々しくとてもエロいです。

 お腹には無駄なお肉はなく、ちょっと濃いめの陰毛でした。それから写真は下半身の方へ移動していき、先程まで上司のモノを受け入れていたマンコが写っていました。

 ピンクのクリトリスと茶色くいやらしいビラビラを上司の指で広げられて、ヌラヌラした中の奥まで写っています。そして最後はアナルまで撮られていました。

 綺麗な顔に似合わず、茶色い穴の周りには少し毛が生えていましたが、そのギャップがまたリアルでそそりました。風呂場で2回も抜いてしまいのぼせてしまいました。

 翌日、少し寝過ごしてしまい、先輩には会えませんでしたが、上司に残額を払い、写真のお礼を言うと、「ハメ撮りもあるから、またよろしくな」と言われました。

 さらに大金が飛んでいきそうな予感がしますが、私には風俗に使うよりも先輩の裸を見る方がよっぽど価値があります。今のところ朝は先輩の匂いを嗅いだりお尻や胸の感触を楽しんで、1日2回は写真で抜いています。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ