友達のお母さんに性が目覚めた体験談

 真面目に学校にも通い、クラブにも参加し日々を過ごしてました。そんな俺が、ひょんなことから性に目覚めた。きっかけは佳代子…、近所の友達のお母さん。

 佳代子を、意識しはじめたにはさ、理由がある。その日も佳代子の家で遊んでた。佳代子の息子は年下なんだ。子分みたいなもの。居間の畳の上に、丸まった布切れが…。手にしてビックリ。パンツだった。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 ドキドキしながらポケットへ。持ち帰って…。「こどもの…、でもタグにはLサイズ…、おばちゃんのだ。」パンツのシミの匂いを嗅いだ。パンツ履いてみた。チンコがたったよ。

 俯せになってさ、チンコを擦り付けた。「気持ちいい!」そのとき…、ドクドクって悪寒して…、発射してた。初射精…。そのときから、佳代子が立派な性の対象になっていった。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ