何かと理由をつけてマッサージに行く私の告白

 前回マッサージに行ってかなり感じてしまった。バストとヒップ、今回は股関節を調整してもらうのを口実に、直接触れてほしくて行ってきました。

 今回もゆっくり念入なマッサージに、体の芯が熱くなるのを止められません。先生に大胆に触れてほしくて、恥ずかしいところが透けているシースルーのパンティにしました。ほとんど透けてしまいます。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 着替えたときからあそこはしっかり濡れていました。バスとも腋の際から少しバストよりまででしたが、時折乳首に触れる手に乳首はこりこりになってました。

 ヒップ周りをマッサージされ、うつ伏せで後ろから大事なところをじっくり見られながら押し広げるようなマッサージでは、思わず声が漏れましたが痛くないですか?と声をかけられただけで先生は黙々とマッサージを続けられます。

 体はぴくぴくと感じ続け、あそこからはエッチな汁が大量にあふれてきます。股関節の調整ではそれまでのマッサージでぬれているパンティがはっきり見られる体位で、

 股間の周りをマッサージされ大きな声は出せないけど、ウッと言う声を何回も出し言ってしまいました。最後まで直接は触れてもらえなかったけれど、いつもは味わえない興奮と絶頂を迎えました。

 マッサージが終わりシーツを片付ける先生の手には、私がつけた染みがはっきり見えました。家に帰るまで我慢できず。ビデボで一人で2回もしてしまいました。どうしたら体の中までマッサージしてもらえるか考えてまた行きたいです。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ