妹の旦那を寝取ってしまった告白

 由美子37歳 小さな居酒屋を営んでます。私は27歳の時、親の反対を押し切り30歳の彼氏と駆け落ちしました。私が駆け落ちする時には妹は結婚して家を出ていて、電話1本「父さん母さんをお願いね‥」妹に言って彼氏と東京に出て来ました。

 彼氏との幸せは僅か1年と持ちませんでした。親の言う通り 辛抱が足りず 仕事を転々とし女遊びと グーたらでした。水商売で働いて生活を支えてましたが 女と何処かに居なく成りました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 結婚も先延ばしにされてたのが せめてもの救いになりました。親の反対を押し切って 妹に後を任せた手前 田舎に帰る事も出来ず 35歳で小さな居酒屋を始めました。

 古い物件を居抜きで借り 店の二階を住居に 何とか1年が過ぎた時、仕込みをしてると 突然 妹の旦那さん修司さんが 店を訪ねて来ました。やはり親の事が心配で 半年に1回くらい 妹とは連絡を取ってましたから 内緒にって言ってたのに 妹は修司さんには話してました。

 出張で東京に来て 時間が有り 寄ってみたと言う修司さんと 二階一間の部屋で話してる間に 男と女になり 長年抑えてた女を修司さんに ぶつけてました。修司さんが 3度目を 私の中に射精した時には 開店時間を過ぎてました。

「義姉さん‥又 来るよ」急いで 店を開けてました。常連さんに「ママ 何か良い事でも有ったのかい?思い出し笑いなんかして(笑)」「無いわよ(笑)」修司さんは月に1度の出張を 私と夜を共にして帰るように成りました。

 妹には悪いと思いながら 月に1度 修司さんと我を忘れて乱れてます。1年 私の中に 2ヶ月になる修司さんの子が宿ってます。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ